個人事業主が屋号をつける際、知っておきたいこと

屋号

個人事業主の屋号 (商号)について解説します。

 

屋号とは

屋号 (商号) とは、個人事業主にとっての会社名のようなものです。

書類上だけのものではなく、店舗や事務所の名前、領収書や銀行口座の名義として屋号は使えます。

 

 

屋号は絶対につけるべき?

開業届を出す際に屋号を記入する場所がありますが、実は屋号はつけなくても問題ありません

屋号をつけずに、事業を起こす、運営することは可能で、実際に屋号を持たずにビジネスをしている人は多くいます。

 

 

 

個人事業主の屋号のつけ方

屋号自体は個人事業主として開業する際の書類に書けば決定です。

特に個別の申請などがあるわけではなく、個人事業主の「開業届」の一項目という形になります。

屋号の決め方や条件を簡単に説明します。

 

 

屋号に使える文字

屋号に使える文字は、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、数字が使えます。

結構自由度がありますよね。

他にも、「&」や「・」 などの記号や符号も文字を区切るためであれば使用できます。他特殊文字については税務署に問い合わせてみてください。

 

 

屋号に使える言葉

屋号に使える言葉にも特に制限はありません。

いわゆる「常識の範囲内」であれば何でも構いません。基本的には役所に受理されるかどうかということになりますが、よほど反社会的な名前でも無い限り問題無いでしょう。

ただし、「XX会社」「〇〇銀行」「学校法人△△」など、組織の形を誤解させるような言葉は使えません。

しかし、IT企業である「SoftBank」が「Bank = 銀行」と使っているように例外もあるかもしれません。この辺は役所の判断次第なので何とも言えませんね…ただ避けたほうが無難です。

また、有名企業や有名人と同じ名前をつけるのも避けたほうがいいでしょう。役所には認められても後々そうした企業などから訴訟や名義変更を迫られる可能性があります。

 

 

屋号の決め方

屋号は先ほど言った通り、会社で言うところの会社名です。

なので、お客様や取引先から見て、信頼できる名前にしておくことが重要です。

具体的には事業内容が簡単にイメージでき、印象に残りやすく、覚えやすい名前にすることが重要です。

営業をしたりする場合にはその名前を使って売り込むわけですから特に重要です。

 

 

屋号をつける際に注意すること

屋号はもちろん後から変更することも可能ですが、様々な書類や銀行口座、名刺などで使っている屋号を後から変更するのは大変です。

ですので屋号は慎重に決めましょう。

 

 

屋号は銀行口座名義に使えるの?

屋号は銀行口座の名義として使うことができます。

ただし、屋号を銀行口座の名義にする場合は「屋号+氏名」が銀行口座の名義となるケースが一般的です。

屋号名義の銀行口座は銀行によって扱いが様々です。事業用の口座として扱われたり、振替口座しか開設できなかったりと個人用の口座とはかなり勝手が変わってしまうことも多いです。

口座開設の際は本当に屋号名義の銀行口座が必要なのかを考えてみましょう。そしていざ開設する際はいくつかの銀行に相談して最も最適な銀行を選びましょう。

 

 

 

まとめ

屋号はかなり自由度が高いです。そもそも付けなくてもいいくらいですからね。

屋号の扱いが一番面倒なのは銀行口座開設です。役所よりも銀行のほうがこうしたことには慎重ですからね…

あまりに大変ならば口座は個人口座でも良いかもしれません。

この辺りは自分のビジネスの形態や銀行、クレジットカードなどの対応/扱いに合わせて決めましょう。




follow us in feedly