個人事業主は自身のビジネス用ウェブサイトを作ろう

フリーランス ウェブサイト

個人事業主になったり、これから独立や起業を目指す方はビジネス用のウェブサイトを開設しましょう。

 

自分のホームページは当たり前

昨今、Web系の業種以外でも自身(自社)のウェブサイトを作るのが当たり前になっています。

ウェブサイトは次世代の名刺のようなものです。またうまく運用すれば広告としても機能します。コストもそこまでかからないのでぜひ作りましょう。

 

 

どのようなウェブサイトを作るべきなのか?

基本的には以下の要素があれば十分でしょう。

  • 会社(事業)概要
  • 実績、ポートフォリオ
  • (必要なら)料金テーブル
  • お問い合わせ

これらが含まれていればいいのでウェブサイトは1ページでも構いません。

ビジネス用のウェブサイトにブログやニュース(プレスリリース)、会員サービスなどの機能を搭載することもありますが、それはまた別の話(目的が変わってきます)です。

 

 

ウェブサイトの作り方

ウェブサイト制作は決して難しくはありません。初心者でもサイトを立ち上げるだけならば1日で出来るでしょう。

ウェブサイトを作る際は以下のことを考えましょう。

  • 必要なページ(コンテンツ)は何か? (プロフィールページ、お問い合わせページ、料金表など)
  • 必要な機能は何か? (メールフォーム、ブログなど)
  • ドメインの文字は何にするか? (屋号やサービスと一緒が好ましい)

 

 

 

まとめ

どうしても自分では難しければ外注しましょう。

サイトの内容にもよりますが、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用すれば10万円くらいでやってくれる所があるでしょう。

 

とはいえ、Web系やデザイン系の場合は、この自身のウェブサイト自体が作品(=実力)として現れるので、頑張って自分で作って見ましょう。




follow us in feedly