個人事業主用のクレジットカードを作成する

クレジットカード

個人事業主になったら、個人事業主用のクレジットカードを作成しましょう。

 

個人事業主とクレジットカード

クレジットカードの中には個人事業主としても作ることができるものがあります (ビジネスカードなどと呼ばれるものです)。

ビジネスカードは法人カードと呼ばれることも多く、多くは法人向けですが、近年はフリーランスなど個人事業主向けのカードも増えてきました。

基本的に個人用のカードはビジネスで使うことができません(用途や会社によります。詳しくはお使いのクレジットカード会社にお問い合わせください)。

個人事業主としてクレジットカードを作ることでクレジットカードのメリットを個人事業主として享受できます。

 

 

ビジネスカードを持つメリット

個人事業主としてクレジットカードを持つメリットです。

個人向けカードのメリットと似ていますが、個人事業主であればそのメリットも大きいと思います。

 

  • 現金を使わずに済む
  • お金の出所を一元管理できる
  • 明細を家計簿代わりに使える
  • 使用した瞬間と引き落とし日のタイムラグがある (手元に現金がなくてもいい、一時的に無利子で借金が出来る)
  • ポイントがたまる
  • 収支を個人の家計と分けて管理できる(仕事とプライベートを区別できる)。

 

個人事業主向けカードのメリットとしてはこのような所でしょうか。

特に明細が家計簿代わりに使えるというのは個人事業主として重要な点です。

明細は確定申告の際の経費の証明にもそのまま使えることがあるので、経費管理や経理処理が簡単になります。その際はカードの引き落とし口座を個人事業主用の銀行口座に設定しておくといいでしょう。

また、freee等の会計ソフトを使う際も、ビジネス用のクレジットカードを一枚登録し、管理するだけで済むので作業を効率化できるでしょう。

 

また、個人事業主としての経理が自分の家計と完全に切り離されるのでビジネスとプライベートの区別がしっかり付き、家計を管理しやすくなるのも重要な点です。

 

 

ビジネスカードを持つデメリット

一方、ビジネスカードのデメリットは以下のような点です。

  • 年会費がかかる場合がある。
  • 管理するべきカードが増えてしまう。

 

見ての通り特別大きなデメリットはありません。

年会費0円で個人カードとなんら変わり無いビジネスカードも多いので、特別ビジネスカードを持つからといってデメリットはありません。

強いて言うなら所持するカードが増えるとそれだけ管理コストが上がるということでしょうか。落としたり、パスワード管理が必要なものを増やすのがストレスな方もいるでしょう。またクレジットカードを買い物事に使い分けるのが面倒という場合もあるかもしれません。この辺りはライフスタイルによってメリットにもデメリットにもなる点ですね。

 

 

 

まとめ

全てを自分一人で管理する個人事業主であれば、オフィス用品を通販で買ったり、仕事用の契約 (携帯電話やウェブサービスなど)をすることも多いでしょうからビジネス用のクレジットカードは1枚持っていると非常に便利だと思います。

特に確定申告など収支を計算する際はその便利さを実感するのではないかと思います。



follow us in feedly