個人事業主が銀行口座を開設する前に知っておきたいこと

フリーランスの口座開設

個人事業主になったら、個人事業用の銀行口座を開設しましょう。

このページでは個人事業主として口座を開設したいと思った時に知っておくべきことを簡単にまとめています。

 

個人事業主用口座の重要性

個人事業主として個人事業用の銀行口座を開設することはビジネスをしていく上で非常に重要です。

個人事業主用の口座は個人の口座でも問題ありませんが、個人で使用した(使用する)お金と事業で使用した(使用する)お金が混ざってしまうのは経理上よくありません。

お金の出納をプライベートとビジネスでしっかり分けるために、個人事業主用口座は必ず開設しましょう。

 

 

屋号での銀行口座開設

個人事業主が屋号のみで銀行口座を開設するのは困難です。

基本的に多くの銀行では「屋号+個人名」という名義での口座開設になります。

ゆうちょ銀行では屋号のみの口座も作れますが、それは振替口座のみとなっています。

 

どうしても個人名を明かしたくない場合は屋号のみで銀行振込できるよう銀行側で設定したり、法務局で屋号の商業登記など工夫が必要です。

対応は銀行によって様々ですのでこの辺で気になる方は開設を考えている銀行に問い合わせてみてください。

 

 

個人の口座を事業用に使う

個人事業主の銀行口座は個人名義の銀行口座でも問題ありません。

ビジネス向けクレジットカードの引き落としも個人事業主であれば個人口座で良い場合が多いようです。

先に述べた屋号の問題などを考えると、手間暇かけて個人事業主用の口座を作るよりも事業用に新しく個人の口座を開設して運用したほうが良いかもしれません。

 

 

どの銀行を選べばいいのか

個人事業主用の銀行口座開設は慎重に決めましょう。

 

まずは先に述べた通り屋号が使えるのかどうかは一つの基準になるでしょう。

また地域密着ビジネスなら地方の銀行、ネットビジネスならばネットバンク、取引先が大手ならメガバンク、全国区でビジネスするならゆうちょ銀行などビジネスの種類や活動範囲に応じた選択も重要です。

他にも将来的に法人として起業したい、銀行からの融資を受けたい、事業を拡大し大金を扱いたいと思っているなら、普段から使用している銀行で口座を開いたり、将来的に融資してもらいたい銀行を使っておくのも重要です。

 

個人事業主に対する対応や融資の条件なども銀行によって大きく変わるのでビジネスの将来性も考え銀行を選びましょう。

また、細かいところでは、freeeやMFクラウドなどの会計ソフト、PayPalなどの送金サービス、ネットでの振込や入出金の管理に対応しているかどうかもチェックするべきポイントです。

入出金が多い場合は、各種振込手数料などの料金も大事な点です。

 

 

 

まとめ

個人事業用の銀行口座開設は慎重に考えて行いましょう。

事業が小さいうちはとりあえず個人名義で事業用の口座を用意し、仕事が落ち着いてから改めて口座を用意するのも悪くないと思います。




follow us in feedly