英語が話せなくても海外起業はできる。

英語 海外で起業

海外で起業したり、ビジネスを始めるには英語を話せなくてはならないと思っている方は多いですが、そんなことはありません。

確かに英語が話せるに越したことはないですが、絶対条件ではないのです。

 

英語、本当に必要ですか?

世界中の起業家を見ていると、現地の言葉を全く話せないのに、その地域で起業して成功している起業家が予想以上にいます。

もちろん、英語や現地の言葉が全く話せないにも関わらず、起業して成功している日本人もいます。

そうした方々はもちろん様々な才能に恵まれている方たちですが、一部の限られた天才だけというわけではありません。皆さんが思っているよりも非常に多くの方が言葉の壁を”克服せずに”成功を収めています。

 

 

英語を捨てて起業する。

今では義務教育で小学生の段階から英語を学びます。

英会話に関する情報や教材も多くあり、またインターネットが普及するにつれてどんどん英語が世界の共通語になっています。

そうした背景から、我々の頭には「英語は重要なもの」「英語は習得すべきもの」という暗黙の常識が刷り込まれています。

 

しかし、英語を完璧に習得しようとしていると、いつまでたっても習得できません。

ただでさえ、日本語と英語は相性が悪く、日本人にとっては習得しづらいものであることに加え、もともと語学の勉強は時間がかかるものです。

 

英語を習得するには莫大な時間やお金がかかります。

下手に英語の習得に時間をかけていると、起業のための資本金を全部英語学習のために使い切ってしまったなんてことになりかねません。

それで英語が話せればまだ救いがありますが、それだけやっても満足に英語を話せない可能性も十分にあります。

 

 

 

まとめ

現在の日本社会では英語が過大評価されている面があります。

確かに英語は非常に便利なもので、英語の学習は素晴らしいものですが、一度立ち止まって冷静に考えましょう。

英語は言語です。言語とはコミュニケーションを図るためのツールに過ぎません。

 

本当に英語というツールが企業に必要なのか考えましょう。

この記事では起業を想定していますが、これは旅行や留学も同じです。

「英語を勉強してから旅行する」「英語がわからないから留学しない」というのはとても勿体無い残念なことです。

 

ぜひ一度冷静になり、起業や旅行、留学など自分がやりたいことをやるためにどの程度英語が必要なのか考えましょう。

さすがに全く不要というケースは少なくとも、自分が思っている以上に英語が必要ないということに気付くかもしれません。




follow us in feedly