Google検索で英単語を一瞬で覚える方法|微妙な意味の違いもわかるのでオススメ

Google Image

英単語を覚える際、辞書や単語帳では覚えるのが苦手という方は、Googleの画像検索を使ってみましょう。

 

英単語を一瞬で覚えるテクニック

やり方はカンタンです。

Googleの画像検索(Google Images)を開き、調べたい英単語を入れて検索しましょう。

そして出てきた写真や画像をみて、英単語の意味を学ぶだけです。

無機質な文字ではなく、カラフルな画像=視覚で英単語を覚えられるのでオススメです。

 

例えば、「Understand(理解する、意味を知る)」で検索してみると、この通り。

 

「Understand」がどのような意味なのか、画像でわかりやすく覚えられます。

もちろん、正確性には欠けるので、完全に単語帳や辞書の代わりにはなりませんが、普段、単語帳や辞書で英単語を覚える際の補助としては十分使えると思います。

 

Google画像検索は感覚で英語の意味を捉え、理解することができるオススメの方法です。

 

意味が似ている単語の違いが理解できる

Google画像検索で英単語を覚える大きなメリットはニュアンス(言葉などの微妙な意味の違い)を理解できることです。

例えば「Cute」と「Pretty」はどちらも「かわいい、きれいな」という意味の英単語です。

これだけでは違いがわかりませんよね。しかし、それぞれの単語をGoogleで画像検索してみると、違いが感覚でわかります。

 

Cute

cute 検索結果

 

Pretty

pretty 検索結果

 

「Cute」と「Pretty」、辞書で意味を調べると全く同じ意味ですが、使われ方は全然違うことがわかりますね。

「Cute」は子どもや動物、キャラクターなどが可愛らしい時に使う言葉*、「Pretty」は大人の女性が可愛い(容姿がキレイ)な時に使う言葉*です(*もちろん、例外もあります。)。

 

画像を検索することで、英単語のニュアンス(微妙な意味の違い)を感覚で理解できます。

 

ただし、この方法は一部の単語では使えません。

例えば「Apple」と検索すると、リンゴではなくiPhoneやiPadが出てきてしまいます…

 

まとめ

画像検索で英単語を覚えれば、単語の意味がカンタンにイメージできます。

Googleの画像検索はとても優秀で、ニュアンス(微妙な違い)も認識できるので、ぜひ活用しましょう。

 

この方法は単語帳などを使うよりも効率が悪いかもしれませんが、文字だけの単語帳ではわかりずらいニュアンスを感覚やイメージで理解できるので気になる単語だけでも試してみると良いと思います。

視覚で覚えることができるので、テキスト(文字)で英語を覚えるのが苦手な方には良い方法でしょう。

スマフォなら特に気軽に使える方法なので、オススメです。