アインシュタインが教える「幸せに生きる方法」

アインシュタイン 幸せになる方法

アルバート・アインシュタインが日本に講演で訪れた際、ホテルでチップの代わりに「幸せに生きる方法」を書いたメモを渡しました。

そのメモに書かれていた、アインシュタインの「幸せに生きる方法」を紹介します。

 

幸せになるには「穏やかでつつましい生活」が大事

アルバート・アインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を受賞して間もなく、講演のために日本を訪れました。

そして、東京の帝国ホテルでチップとして現金の代わりに人生のアドバイスをホテルスタッフに渡しました。

チップの代わりにメモ書きを渡すのも驚きですが、当時アインシュタインのアドバイスは好意的に受け取られたそうです。

 

以下のメモはそんなアインシュタインの「チップ」です。

 

成功を追求するせいで常に浮き足立っているよりも、穏やかでつつましい生活の方が、より多くの幸福をもたらす。

 

こちらがアインシュタインによる「幸福に生きるためのアドバイス」です。

実際にはが母国語ドイツ語で書かれています。以下の画像が実際のメモです。

アインシュタイン 幸せに生きる方法

 

 

 

まとめ:シンプルライフに繋がる部分も

アインシュタインはおとなしく、生真面目な性格であったと言われており、その性格がよく現れた優しい言葉だと思います。

荒々しく生きるより、穏やかに静かに慎ましく生きようとする姿勢は、現代のシンプルライフにも繋がる部分があるように思えますね。

情報元:Quartz(英語), ライフハッカー