Googleカレンダーはブラウザに「cal.new」と入力すると予定入力ページを開ける

GoogleではGoogleドキュメントやスプレッドシートなどの新規作成を簡単に行える「.new」ショートカットが導入されています。

例えばGoogle カレンダーであれば、ブラウザのアドレスバーに「cal.new」と打てば、カレンダーの新規予定作成の画面が開きます。

 

このようにGoogleは「.new」ドメインを利用した様々なショートカットを用意しています。

.newというドメインの通り、基本的には何らかのサービスやドキュメントを新規作成するショートカットです。

 

 

これらのショートカットを利用する際、Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインを求められます。

また、ショートカットはGoogleのG Suite以外にもいくつかあります。

 

・Spotify:「playlist.new」(新しいプレイリストを作成)
Anchor:「podcast.new」(エピソードを作成)
・Medium:「story.new」(新しいストーリーを作成)
GitHub:「repo.new」(新規リポジトリ作成)
Canva:「canva.new」「design.new」(新しいファイルを作成)
Cisco Webex:「webex.new」「letsmeet.new」(新しいミーティングを開始)
Bitly:「link.new(新しいリンクを作成)
Stripe:「invoice.new」「subscription.new」(ダッシュボードを開く)
RunKit:「api.new」(新しいAPIエンドポイントを作成)
Coda:「coda.new」(ファイルを新規作成)
OVO Sound:「music.new」(OVO Sound風のアートワークを作成)

 

また、ショートカットではなく、単なるリンクですが、以下のサービスも「.new」ドメインを利用しています。

 

まとめ

これらの「.new」ショートカットはGoogle Chrome以外のブラウザ(例えばFirefoxやMicrosoft Edgeなど)でも問題なく利用することができます。

ぜひ活用してみてください!