キャッシュカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとキャッシュカードの違い

似ている様で全く違うキャッシュカードとクレジットカードの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

 

ちなみにデビットカードはまた別物です。デビットカードについて詳しくはこちら。

 

 

キャッシュカード

キャッシュカードはATMを使って銀行などの金融機関の口座のお金を出し入れする際に使います。

窓口でいうところの通帳と銀行印(印鑑)の役割です。

キャッシュカードでは主に以下のことができます。

  • 口座への入金
  • 口座からの出金
  • 口座からの振り込み
  • 口座の残高照会

 

その他、銀行によってはデビットカードとして使えるキャッシュカードもあります。

キャッシュカードは銀行口座を開設すると通常は無料でもらえます。

 

 

 

クレジットカード

クレジットカードの主な機能は以下の2つです。

 

ショッピング機能

クレジットカードは後払いで買い物をすることができるカードです。

クレジットカードの支払いは全て一度クレジットカード会社が立て替え、それを毎月決まった日にクレジットカード会社がまとめて口座から引き落とすと言う仕組みです。

 

クレジットカードの代表的な機能なので、知っている方も多いと思います。

 

キャッシング機能

クレジットカードではキャッシング機能を申し込むと、お金を借りることができます。

 

キャッシング機能を使うと、ATMでの現金借入や、指定の口座に現金を振り込んでもらえます。

 

 

一体型もあり

クレジットカードとキャッシュカードの一体型カードもあります。

多くの銀行ではキャッシュカードとクレジットカードの一体型のカードを発行しています。これらのカードは物理的に2枚のカードが1枚になっただけで、機能的にはキャッシュカード、クレジットカード単体で使用するのとかわりません。

普段2枚持ち歩かなければならないカードが1枚で済むというメリットがあるくらいですね。

 

 

 

まとめ

クレジットカードとキャッシュカードはサイズが同じだけで、全く別物です。

間違えない様に注意しましょう。