個人でも気軽に外注が使えるクラウドソーシングとは

クラウドソーシング

個人でも気軽に外注、受注できる新しいサービス「クラウドソーシング」について紹介します。

 

クラウドソーシングとは

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

クリエイター、エンジニア、デザイナー、ライターといったフリーランスに、Web制作、システム開発、デザイン、ライティング、単純作業などの仕事を外注(発注)することができます。

 

 

非常に安価に外注できる

クラウドソーシングを使えば非常に安価にWeb系の仕事を外注することができるので、フリーランスの方はある程度資金に余裕が出てきたら積極的に使ってみることをオススメします。

 

少し前まで、個人がフリーランスに仕事を発注するのはハードルが高かったですよね。いちいち金額や内容について交渉したり、領収書を発行したり。

しかし、クラウドソーシングを使えば非常に簡単に仕事を発注することができます。

駆け出しのフリーランスが実績作りのためにやっていたり、プロがお小遣い稼ぎ目的でやっていたりするため、なかなかレベルの高い仕事を非常に早く、安い価格で発注できます。

クオリティも決して問題ありません。ある程度のディレクション能力は求められますが、しっかり発注すれば、非常にハイクオリティな仕上がりの仕事をしてくれます。

 

クラウドソーシングはフリーランスの方の業務の効率化に非常に便利です。

もちろん、フリーランスの方しか使えないというわけではありません。活用できる場面は多くあると思います。

 

 

もちろん受注も可能

もちろん、クラウドソーシングに登録して、仕事を受注することもできます。

単価は低い案件が多いですが、お小遣い稼ぎ程度であれば十分稼げます。

また、多くの案件をこなし実績を積めば、一般的なフリーランスと何ら変わりない単価で仕事を受けることも夢ではありません。現に、クラウドソーシングでまとまったお金を稼ぎ、生計を立てている方はいます。

田舎や地方の方からすれば、東京と同じ単価で仕事を受注できるのでチャンスは広がります。

クラウドソーシングは「フリーランスの新しい稼ぎ方」の一つになると思います。

 

 

 

ブロガーやアフィリエイターに人気!?

値段もお手ごろでよく聞くのがブロガーやアフィリエイターの方の外注ですね。

記事作りに集中したいブロガーの方が、サーバーの設定やデザインのカスタマイズを外注したり、企画や設計、リサーチに集中したいアフィリエイターの方が記事を外注したりとよく使われています。

結構な大手メディアも記事をよく募集しています。

当ブログやグループブログの「Zinsoku.com|ライフハックブログ」でもクラウドソーシングで外注した記事を使用しています。

 

 

 

まとめ

一昔前は、個人が実力あるフリーランスに仕事を外注するのはハードルが高かったですが、今はクラウドソーシングを使うとだいぶ楽ができます。

今はどんな業種でもよほどアナログな業界でない限り、Webとは切っても切り離せない関係にあります。ですから、Web系のフリーランスに限らず、どんなビジネスをしていても、どこかで必ず使いどころがあるはずです。

面倒な作業も非常に安価に発注して解決できてしまいます。切り出せる作業は賢く切り出して業務の効率化を目指しましょう。




follow us in feedly