クレジットカードの利用限度額の意味は?|仕組みや平均などを解説

クレジットカード 利用限度額

クレジットカードの利用限度額の意味や仕組み、平均について解説します。

 

利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額とは、クレジットカード会員が認められているクレジットカードを利用できる最大の金額のことです。

クレジットカードはカード会社に買い物の代金を一時的に立て替えてもらい、後から支払日に立て替えてもらった分をまとめて支払うという仕組みです。

 

クレジットカードの利用限度額が10万円だとしたら、カード会員は合計10万円までクレジットカード会社に買い物の代金を立て替えてもらえるということです。

例えば、利用限度額が10万円で8万円の買い物をすでにしている(そしてまだ代金が引き落とされていない)場合、限度額の残り(利用枠の残高)は2万円なので、2万円を超える買い物は原則できません。

そのような場合、カード会社にお金を払えば、利用枠が回復するので、カード会社への支払日まで待つ必要があります。

カード会社によっては臨時の支払いを受け付けてくれることもあるので問い合わせてみても良いでしょう。

 

限度額は一ヶ月に使えるお金ではない

時々勘違いしている方がいますが、限度額とは一か月に使える金額ではありません。

限度額は、その額までカード会社が立て替えてくれるということです。

 

例えば、限度額が30万円のカードで30万円まで利用すれば、利用可能額は0円になり、月をまたいでも回復しません。

利用可能額が回復するのは、カード会社に支払いを済ませ、カード会社がそれを認識した時です。

口座引き落としの場合は、引き落とし日にお金が引き落とされてから数時間~数日で利用可能額が回復します。

 

 

利用限度額は与信によって変わる

クレジットカードの限度額はクレジットカードを申し込んだ時に、カード会社が発行に関する審査を行い、その与信に応じて、設定されます。

与信とは申し込みをした人の「信用」のことです。

申し込んだ人が「正社員」「家を持っている」「携帯代の支払いを滞納したことがない」など信頼できる要素があればあるほど与信はよくなり、限度額は高めに設定されやすいです。

 

 

限度額(与信)を決める要素

クレジットカードの発行の可否や限度額に影響を与える与信の要素は様々ありますが、代表的なのは以下の要素です。

  • 収入
  • 預貯金額
  • 住まい (持ち家か賃貸か。または家族の所有かなど)
  • 今の住居で暮らしている年数
  • 職業
  • 勤め先の勤続年数や役職
  • 借金(金融機関からの借入れ状況など)
  • 配偶者や家族など生計をともにする人数
  • クレジットカードの利用状況(過去の利用履歴や他社のカードの状況も含む)
  • 自己破産や未払いの経験の有無

これらの要素と包括支払可能見込額から総合的に審査・判断して限度額は決められます。
それでは、自分の限度額の予想ができたところで、それぞれの年収別の限度額の中でおすすめのカードを紹介いたします。

 

 

発行直後は利用限度額が低い

クレジットカードの発行直後(特に初めてのクレジットカードなど場合は)、与信がないので、比較的、利用限度額がは低めに設定されているのが一般的です。

特に学生の方やフリーターの方など、与信が低い方は限度額が低く設定されがちです。

逆に、先ほど解説した通り、一流企業の正社員であったり、資産があったりと元々与信が高ければ、発行直後でも限度額が高いことがあります。

 

 

利用限度額の平均

学生の方や社会人になったばかりの方、初めてクレジットカードを発行する方は利用限度額が低めに設定されます。

カード会社によっても変わりますが、だいたい10~30万円ぐらいの限度額になることが多いです。

低めといっても普段の買い物には特に困らないであろう金額ですね。

ただ10万円だとパソコンや旅行などちょっと大きな買い物で限度額オーバーしてしまう可能性もあります。

 

社会人経験やクレジットカードの利用歴がある程度できてくると、30万円~80万円くらいに限度額を設定できるカードも多いです。

 

ゴールドカードなどになってくると、限度額が100万円を超えることも珍しくありません。

 

ただし、先ほど説明した通り、クレジットカードの限度額はクレジットカードの利用歴や収入を初め、様々な要素を加味して総合的に決まりますから、一概になん十万円というものはありません。

とはいえ、多くのクレジットカードは最初に限度額の幅(例えば「学生は10~30万円」など)が決まっており、公式サイトなどにも載っているので、それを参考にするといいでしょう。

 

 

利用限度額は後から上げられる

クレジットカードの限度額はカードにもよりますが、後から高くすることができます(逆に低くすることもできる)。

学生の方やフリーターの方など、与信が低い方でも、クレジットカードを滞納などせず長く健全に利用することで、与信の評価が高まり、後から限度額アップの申し込みをすることで、最初の利用限度額より高くしてくれる可能性もあります。

 

クレジットカード会社によっては、旅行に行く場合やプレゼントを買う場合など、一時的に多くの出費がある際に、利用限度額の引き上げをしてくれる会社があります。

旅行などの予定がある方は早めに各クレジットカード会社に問い合わせてみるといいでしょう。

 

また、中にはアメックス(アメリカン・エキスプレス)のように低い限度額で多くの人に発行し、その後の返済状況など利用歴に応じて人それぞれ個別に細かく限度額を決める方針のクレジットカード会社もあります。

滞りなくしっかりとクレジットカードを使っていれば限度額は後から増やせるものですから、あまり最初の利用限度額を気にしすぎず、カードを発行するといいでしょう。

 

オススメ記事