クレジットカードとデビットカードの特徴と違いを比較

クレジットカードは有名ですが、デビットカードについてはあまりよく知らないという方もいるかと思います。

クレジットカードとデビットカードはほとんど同じように利用できますが、大きな違いも存在します。

この記事ではクレジットカードとデビットカードの違いについて解説します。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードの違いをカンタンにまとめると以下のようになります。

種類 クレジットカード デビットカード
年会費 カード次第 カード次第
支払い方法 一括払い、リボ払いなど多数 即時引き落とし
キャッシング カードによっては可能 不可
年齢制限 18歳以上が多い 15歳以上が多い
発行の審査 カードによっては厳しい 非常に緩い

クレジットカードとデビットカードの主な違いを解説します。

支払い方法が違う

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは支払い方法です。

店頭や通販サイトなど各種お店で使う方法は基本的に同じです。違うのは実際にお金が銀行口座から引き落とされるタイミングです。

クレジットカードは後払いです。クレジットカードで買い物をするとカード会社が一旦代金を全て立て替えます。そして引き落とし日に指定の銀行口座から代金がまとめて引き落とされます。

つまり一時的にお金を借りている(借金する事ができる)のがクレジットカードです。

一方でデビットカードは都度払い(即時支払い)です。デビットカードを使うと支払った直後にその場で銀行口座から代金が引き落とされます。

口座にお金がなければ使えないデビットカード

上記で解説した通り、デビットカードはその場で代金が銀行口座から引き落とされます。

そのため、デビットカードは銀行口座にお金が入っていなければ利用できません。

一方、クレジットカードは後日の引き落とし日までに口座にお金を用意しておけばいいので、買い物など支払いをする際に銀行口座にお金が入ってなくても問題ありません。

例えば、クレジットカードで10万円の買い物をする場合、銀行口座の残高が0円でも問題なく買い物をすることができます。クレジットカードの引き落としは後日なので、引き落とし日までに口座に10万円を入金すればそれで良いわけです。

ですが、デビットカードは即時引き落としなので、10万円の買い物をしようと思ったら、その時点で銀行口座に10万円の残高がなくてはなりません。

限度額

クレジットカードは借金であるため、使用できる金額に限界があります。例えば、三井住友カードは10~80万円の間で限度額が決まります。

クレジットカードはカード会社に買い物の代金を立て替えてもらうシステムなので、限度額が10万円の場合は10万円以上お金を立て替えてもらうことができません。

一方、デビットカードは借金ではなく、銀行口座の残高からその場で即引き落とすシステムなので限度額はありません。銀行口座に入っている分(残高)だけ使えます。

審査の基準が違う

クレジットカードを発行する場合、カード会社の審査をクリアしなければなりません。

クレジットカードの審査は氏名や生年月日、職業から年収、借金の有無、資産の有無など様々な点を審査します。

クレジットカード会社の中には楽天カードのように比較的審査が緩いカード会社もありますが、一方でダイナースの様に審査が非常に厳しいカード会社もあります。

クレジットカードは学生や無職、多額の借金がある方、自己破産の経験がある方などは発行するのが難しい傾向にあります。これは先ほど解説した通り、クレジットカードが一時的に借金できるカードだからです。

学生や無職、多額の借金がある方などお金を稼ぐ能力に乏しかったり、金銭面で困窮している方は借金を返す能力(返済能力)が低いと判断され、クレジットカードの審査に受かりづらいのです。

また、クレジットカードはどんなに審査が緩いカードでも高校生を除く18歳以上でなければ発行できません。

例えば、「三井住友カード」の場合、申し込み資格は以下の通りです(あくまで申し込み資格であって、審査に通るかはまた別です)。

満18歳以上の方(高校生は除く)

ゴールドカード(三井住友カード ゴールド)の場合はさらに厳しいです。

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

一方で、デビットカードはクレジットカードと比べて審査の基準が非常に低く、ほとんど誰でもデビットカードを作ることができます。

デビットカードは銀行口座と紐づくものなので、銀行口座の開設をする必要があります。銀行口座さえ開設できればデビットカードは多くの場合発行できます。

ただ、デビットカードにもクレジットカード同様年齢制限があります。デビットカードは大抵の場合、中学生を除く15歳以上です。

例えば、三井住友銀行が提供する「SMBCデビット」の場合、入会資格は以下の通りです。

三井住友銀行に普通預金口座を開設される方、および普通預金口座をすでにお持ちの方
(15歳以上(中学生を除く))

ポイントの還元率が違う

クレジットカードやデビットカードを使うと、ポイントが貯まり、商品券と交換したり、キャッシュバックを受けることができます。

多くの場合、クレジットカードよりもデビットカードの方がポイント還元率が低く、中にはポイントが還元されないデビットカードもあります。

*例えば還元率が1%の場合、100円の買い物で1円相当のポイントが貯まります。

例えばクレジットカードの「三井住友カード」のポイント還元率が通常0.5%で、利用するお店によってはさらに多くのポイントが貯まるのに対し、デビットカードの「SMBCデビット」は0.25%(キャッシュバック)もしくは0.5%(ポイント)です。

例えば還元率が1%のクレジットカードと還元率が0.5%のデビットカードをそれぞれ100万円使った場合、クレジットカードの方は1万円戻ってきますが、デビットカードの方は5,000円しか戻ってきません。

ポイントやキャッシュバックなど還元率重視ならばクレジットカードの方が一般的にポイント還元率が高いのでオススメです。

利用可能な時間が違う

クレジットカードは基本的に24時間365日いつでも利用することができます。

一方、デビットカードは銀行口座と紐づいているので、使用できる時間が銀行の営業時間中だけという場合があります。

例えば銀行のキャッシュカードをそのままデビットカードとして使えるサービスである「J-Debit」は銀行の営業時間に合わせて利用できない時間があり、お正月の三が日などには使えないことが多々あります。

一方で、VisaデビットやJCBデビットなど、クレジットカード会社系のデビットカードは24時間使えることがほとんどです。

例えば三井住友銀行が発行する「SMBCデビット」は原則、24時間365日利用することができます。

デビットカードを作る場合、使用する場合はそのカードがいつでも使えるのか確認をしておいた方がいいでしょう。

不正利用に対する強さ

クレジットカードは紛失や盗難により不正利用されても、支払日までにカード会社に連絡し対処することで、自分のお金は一切損害を受けずにすみます。

一方、デビットカードは使用した瞬間に自分の銀行口座からお金が引き落とされてしまいます。

補償(保険)で後から返ってくるとしてもお金がなくなってしまうのはいい気分ではないですよね。

また紛失や盗難の不正利用に対する保険(補償)もクレジットカードの方が一般的に額が多く、手厚いです。

まとめ:クレジットカードとデビットカードはどっちがおすすめか?

利便性やポイントの還元率、豊富な種類など多くの面でクレジットカードの方が便利でお得です。

ですので、基本的には自分のライフスタイルにあったクレジットカードを発行することをオススメします。

一方で、デビットカードには15歳から作れる、無職や自己破産経験者でも(よほどのことがない限り)審査に通る、銀行の残高分しか使えないので使いすぎを抑制できるといったクレジットカードにはないメリットがあります。

ですので、高校生の方など場合によってはデビットカードの方が良い(デビットカードしか作れない)というケースもあるでしょう。

自分のライフスタイルや希望に合わせて選んでみてください。

ちなみに筆者はポイント還元率を重視するので完全にクレジットカード派です。デビットカードを使ったことはありません。