クレジットカードのポイント還元率の計算方法と平均

クレジットカード

クレジットカードの還元率の計算方法と平均を紹介します。

 

クレジットカードの還元率とは?

一般的なクレジットカードは使用するたび、ポイントが付きます。

そのポイントを現金に換算した場合、利用額の何%なのか?

これが還元率です。少しわかりにくいかもしれませんが、還元率の計算方法を見れば簡単にわかると思います。

 

 

クレジットカードの還元率の計算方法

例えば1,000円につき1ポイント貯まるカードの場合、

  • 1,000円の買い物をする→1ポイント貯まる
  • 1,000ポイントでギフトカード5,000円分手に入る→1ポイントあたり5円分
  • 1,000円の買い物をする→5円(1ポイント)の還元
  • 5÷1,000×100→還元率0.5%

 

このような形で計算してみると分かりやすいと思います。

還元率0.5%のカードを使うと1,000円あたり5円キャッシュバックされるということですね。

つまり還元率とは擬似的なキャッシュバック率です。

 

 

クレジットカードの還元率の平均

ポイント還元率は0.5%のクレジットカードが多いです。

つまり多くのクレジットカードは先の計算式と同じということになります。

しかし最近では還元率が1%を超えるクレジットカードも少なからず出てきました。

使い方によって還元率が2%を超える非常にお得なカードも中にはあります。

 

 

お得なクレジットカードを選ぼう

常に還元率が1%を超えるようなカードはあまりありませんが、特定のお店や期間限定等で還元率が2%、3%を超えるようなカードは多くあります。

しかし、ポイント還元率はポイントを何と交換するか、および交換商品の価値をいくらと考えるかで変わります (商品券と交換すれば金額がわかりますが、それでも現金よりは不便ですよね)。

また、ポイントがたくさん貯まるカードでも、年会費などが高ければ意味がありません。

つまり、同じカードでも使う人により実質的な還元率は変わるのです。

 

ポイント還元率は基本的に
還元率=ポイント付与率xポイント単価
で表せます。
このうち、ポイント付与率はカードのスペックから機械的に求めることができます。

 

クレジットカードの還元率はクレジットカードでお得に買い物するための重要な要素です。クレジットカードを選ぶ際は自分のクレジットカードの利用スタイルを考え、還元率をしっかりチェックしましょう。

 




follow us in feedly