クレジットカードの不正利用を補償する紛失盗難保険|保険が効かない場合は?

クレジットカードの紛失盗難保険

クレジットカードは盗まれて不正利用されても、その金額を自分が負担する必要はありません。

 

盗難被害を保障する盗難保険

日本で発行されるクレジットカードには、基本的にはすべてに盗難保険が付いています。

これは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭って誰かに不正利用された場合に、その損失を補償してくれる保険です。

カードによっては紛失保険と盗難保険の2種類に別れていたり、紛失盗難保険という場合もありますが、基本は同じです。

これらは無料、有料、学生向け、ビジネス向けなど問わず、ほとんどのクレジットカードに付帯しています(盗難保険がないクレジットカードは日本ではまずありません)。

 

盗難保険や紛失保険と言われますが、実際には犯罪によって利用された金額の全てが対象です。

クレジットカードの盗難はもちろんのこと、カード番号の流出や不正アクセスによる被害なども盗難保険の適用範囲です。

そのため、クレジットカードの不正被害に関しては利用者が負担する必要はありません。

 

しかも、これらは自動付帯なので、特別な手続きや申し込みをする必要もありません(補償を請求する際は申請が必要です)。

 

 

盗難保険がないクレジットカード

当たり前ですが、盗難保険がない場合は、不正利用の被害額も補償されず、自分で決済しなければなりません。

ですが、盗難保険がないクレジットカードというのはまずありません。

もちろん、盗難保険に限らず自身が持っているクレジットカードのルールや保険は様々なので、各自しっかりと確認すべきですが、盗難保険に関してはまず間違いなく付帯していると考えていいでしょう。

 

 

 

ただし、保険が効かない場合も!

クレジットカード 紛失盗難保険が効かない場合

クレジットカードの不正利用は通常、全額補償してもらえます。

しかし、裏面にサインがないなど不正利用される可能性がありながら対策をしなかった場合、利用規約を守らなかった場合には、過失責任が問われ盗難保険が適用されなくなる可能性があります。

盗難保険が利かない代表的なケースを紹介します。

 

 

明らかに怪しいお店でカードを使った

明らかに怪しいお店でカードを使った場合、不正利用される可能性をわかっていながらカードを利用したとみなされ、不正利用は補償されません。

現実的にはあまりないでしょうが、通販サイトや個人、カード対応が貧弱なお店で利用する場合には注意しましょう。

 

 

スキミングによる被害

スキミングとは、「クレジットカードの情報を読み取り、同じカードを作って利用する方法」で、簡単にいうと「偽造」です。

代表的なのは、ATMなど通常のカード読み込み口にカード情報を読み取る装置をつけておき、そこを通したカードの情報を盗み取るものです。

スキミングはATMやお店のカードリーダーに細工をし、本人の気がつかないところで情報を盗みます。

そのため、「クレジットカード自体は手元にある」「いつ頃被害にあったかわかりにくい」という点から、どうしても補償が認められにくい傾向があります。

 

 

ネット通販での利用

ネット通販の場合、カード情報を入力するだけで簡単に買い物ができます。

しかも、カード情報をアカウントに登録したり、パソコンのキャッシュに保存させることで通常と比べかなり少ない情報で買い物をすることができます。

  • 通常の利用:ICチップ、カード番号、有効期限、サイン、暗証番号等の複数の組み合わせで認証
  • ネット利用:キャッシュ等で番号などが保存されていれば何も必要ない

 

そのため、クレジットカードによっては「ネットでの不正利用は補償の対象外」という場合もあります。自分のカードの補償内容や補償範囲をしっかりと確認しておきましょう。

 

 

問題発生後、すぐカード会社に連絡しなかった

紛失や盗難にあった際、すぐに警察やカード会社に連絡をしなかった場合、問題を放置し続けたと見なされ、不正利用が補償されない可能性があります。

 

 

サインをせずにカードを使った

クレジットカードにサインをせずにカードを使った場合、不正利用は補償されません。

 

 

カード番号や暗証番号を他人に教えた

カード番号や暗証番号を他人に教えた場合も補償の対象にはなりません。

(通販サイトや店員さんに知られるのは別です)。

 

 

暗証番号が簡単

クレジットカードの暗証番号が誕生日や連続した数字など、他人でも簡単に推測できる番号の場合、本人に非があるとみなされ、補償が受けられない可能性があります。

 

 

他人にカードを使わせた場合

クレジットカードを本人以外が使うことは規約違反です。

また、他人にカードを自由に使わせれば不正利用される可能性も高まります。この2つの理由から他人カードを使わせた場合は補償対象にはなりません。

 

 

家族がカードを使った

本来、不正利用として補償されるはずなのですが、現実的には難しいです。

というのも、補償をしてもらえるのは明らかに自分に非がない場合だけだからです。

一般的にはクレジットカードを家で保管していればそれで「十分安全な保管をしていた」と考えられますが、家族が相手だとそうもいきません。

 

例えば、カフェでクレジットカードが入った財布をテーブルに置きっ放しにし、飲み物を取りに行った場合、それは持ち主の不注意とされ、補償されない場合があります。

これは、カフェのテーブルに財布を置きっ放しにしたら誰でも簡単に財布を盗める=持ち主のミスと考えられるからです。

同様に、家でクレジットカードが入った財布を机の上に置きっ放しのまま席を離れた場合、家の机でも家族なら簡単に財布を盗める=持ち主のミスと考えられ、犯人が家族なら補償はされません。

 

同様に友達や恋人も同じです。

通販サイトなどで、複雑なパスワードを使っていても、友達や家族、恋人なら簡単に推測できるパスワードだった場合(親族の名前、初めての仕事など)、それは友達や家族、恋人相手にセキュリティを怠ったと見なされ補償されません。

 

もちろん、そうした身内に対してもしっかりセキュリティや防犯を行なっていれば補償されます。

しかし、生活スタイルにもよりますが、例えば実家暮らしなら家族が自分の部屋に入ったり、タンスやクローゼットの中を見ることもそこまで珍しいことではないですよね。

そもそも家族間では金庫やタンスを共用にすることも珍しくないでしょう。

故に、現実的には家族や恋人、近しい友人による不正利用は補償されないことが多いのです。

 

 

不正利用を支払った場合

例え、明らかな不正利用であっても、その支払いを1円でもしてしまったら補償は受けられません。

これは、不正利用分を自分で払うことを承認したと見なされるからです。

ですので、不正利用に気がついたら、すぐにカード会社に連絡し、引き落としなどの支払いを止めましょう。

 

 

利用規約を守らなかった

他にもクレジットカードの利用規約を守っていなかった場合は、補償されない可能性が高くなります。

 

 

カードの管理が甘かった

日本は安全な国ということもあり、世界的に見てもクレジットカードの管理が甘い傾向になります。

カードに限ったことではないですが、新幹線やカフェの場所取りに平気で貴重品を含む持ち物を全部置いたり、レストランなどで平気で持ち物を置きっ放しにしてドリンクバーに行ったりする方が多いですよね。

 

しかし、このように明らかにカードの管理が甘いと、自己責任と考えられ、補償を受けられない可能性が高くなります。

特に海外のカード会社ではこの基準が厳しく、不正利用されてもカードから目を離した自分が悪いと判断される傾向が強いです。海外のクレジットカードを発行する機会はあまりないかもしれませんが、気をつけましょう。

 

 

 

自動でカードを止めてくれることも

ちなみに、大抵のクレジットカード会社は不審な取引が行われていると自動的にカードを利用停止してくれたり、カード会社の専門スタッフが本人に決済について確認の連絡をいれてくれるので安心です。

逆に自分が旅行などで普段と違うお店や金額、地域でクレジットカードを使う場合にも程度によりますがカードの利用が停止してしまう可能性があります。

ですので、例えば海外旅行に行く場合や普段とは違う高額なプレゼントを買う場合などには事前に連絡しておいた方がいいでしょう。

特にアメックスは不正利用に対して厳しいので、ちょっと高額な買い物をしただけでもカードが停止する可能性があります。

 

ただし、現実的な範囲内ではカードの利用は止まらないので、不正利用があったらすぐにカード会社や警察に連絡。

不正利用がなくとも、こまめに明細を確認し、不正利用があった場合にすぐに気がつけるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

紛失、盗難はもちろん、詐欺にあった場合やお店でトラブルがあった場合などもクレジットカードなら後払いのため対応できます。

もちろん盗難保険で補償されないケースもありますが、普通に生活をしていれば見るからに怪しいお店に行くことはないでしょうし、愛人でもいない限り、他人に自分のカードを使わせることもないでしょうからそこまで不安になる必要もありません。

常識的にカードを使っている人ならばほぼ問題なく補償が受けられると考えていいでしょう。

 

クレジットカードは適切に使えば現金よりも便利で安全なので、うまく活用したいですね。