クレジットカードのリボ払いの金利(手数料)を計算する方法

クレジットカードのリボ払いの金利(手数料)を計算する方法を解説します。

リボ払いの金利の計算方法

リボ払いの金利で多いのは年率15%なので15%を例に考えます。

年率15%というのは「1年間で15%の金利が付く」ということです。

つまり、リボ払いの残高が100万円なら1年間で15万円の金利(手数料)が発生するということです。

非常に高い金利ですよね(苦笑)。クレジットカードの支払いをリボ払いに設定すると払っても払っても借金が減らない理由がよくわかります。

例:もし100万円をリボ払いにしたら

例えばリボ払いの利用残高が100万円で毎月の支払いが10万円の場合は以下のようになります。

1ヶ月目

年間15%の金利ということは1ヶ月あたり1.25%になります。(15÷12=1.25)

元本100万円の1.25%が1ヶ月目の金利になるので、金利は12,500円です。

したがって、100,000(1ヶ月の返済額)+12,500(金利)=112,500円が1ヶ月目の支払いになります。

2ヶ月目

2ヶ月目も同様の計算をします。1ヶ月目に10万円を返済したことで元本は90万円になっているので以下のように計算します。

90万円の1.25%=11,250円が金利(手数料)です。

したがって、100,000(1ヶ月の返済額)+11,250(金利)=111,250円が2ヶ月目の支払いになります。

まとめると…

表にまとめると以下のようになります。

合計
支払い回数 元本 金利(合計) 支払い金額(合計)
10 1,000,000円 68,750円 1,068,750円
毎月の金額
回数 元本 手数料 支払い金額 支払い後残高
1 100,000円 12,500円 112,500円 900,000円
2 100,000円 11,250円 111,250円 800,000円
3 100,000円 10,000円 110,000円 700,000円
4 100,000円 8,750円 108,750円 600,000円
5 100,000円 7,500円 107,500円 500,000円
6 100,000円 6,250円 106,250円 400,000円
7 100,000円 5,000円 105,000円 300,000円
8 100,000円 3,750円 103,750円 200,000円
9 100,000円 2,500円 102,500円 100,000円
10 100,000円 1,250円 101,250円 0円

リボ払いの場合、100万円を10ヶ月かけて支払うと、68,750円もの金利手数料がかかります。

かなりの金額ですよね。もちろん、新たに買い物をしたらその分も払わなければいけないわけですからかなり大変です。

例えば自動車ローンなんかだと高くても年率3~4%くらいなのでリボ払いがいかに高いかわかります。

リボ払いはなるべく早めの返済を

リボ払いは元金に年率をかけて手数料が決まるので、返済に時間がかかると多額の手数料が取られてしまいます。

手数料は当然ですが何も生み出さな無駄なお金です。支払わない方が良いに決まっています。今リボ払いを使ってしまっている方はすぐに繰上げ返済等を利用してできる限り早くリボ払いを解消しましょう。

大抵の会社はそうした臨時支払い(繰上げ返済)に対応しているので、お金に余裕がある月や臨時収入があった月は積極的に繰上げ返済しましょう。

少しでも早くお金を返しリボ払いの期間を短くするのが金利を抑え負担を軽くするコツです。

リボ払いを早く返済する方法について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

参考:リボ払いを早く完済するための7つのコツ

まとめ

リボ払いは金利の額を計算するのが面倒ですし、毎月の支払額が少なくて良いので負担が少なく感じてしまう方もいるかもしれませんが、リボ払いは非常に多額の手数料を払わなければいけない可能性がある支払い方法です。

その点をよく理解して使わないと余計なお金を払うことになり危険なので、リボ払いはよく調べてから使いましょう。

電卓を用意する必要はありません。「リボ払い シミュレーション」などで計算するとリボ払いの返済額を確認できるツールがあります。

私は楽天カードのツールを使いました。楽天カードの会員でなくても誰でも利用できます。

参考:楽天カード: ショッピングリボ払い返済シミュレーション