クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードには様々なメリット・デメリットがありますが、その中でも特に基本的なものを紹介します。

 

クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリットは多くあります。うまく使えば日常の買い物を何倍にもお得、安全にできますよ。

 

 

現金を持ち歩く必要がない

クレジットカードのメリットとしてよくあげられるものが現金を持ち歩く必要がないことです。

現金を持ち歩く場合、紛失または盗難等により現金をなくすと、そのお金が戻ってくる可能性は非常に低いです。

 

しかしクレジットカードの場合、仮にクレジットカードを紛失したり、盗難に遭ったとしても、利用停止の連絡をすれば金銭的な被害は0です。

仮に不正利用があったとしても、損害額は多くの場合自分が払う必要はないので安心です。

 

 

現金と違ってATMへ行く手間もない

現金の場合、出費がかさむ休日やまとめてお買い物をする場合、また大きな買い物をするときは、ATMでお金を下ろす機会がどうしても増えてしまいます。

ショッピングの際に現金で支払いをするために、わざわざATMに向かっていては面倒ですし、時には手数料を払うことになります。

数百円の手数料を払ってATMでお金を下ろしていたのでは、銀行の利息分などよほどのお金持ちでもない限り、数回で赤字になってしまいます。

これは非常にもったいないです。

 

しかし、クレジットカードで支払いをするのであれば、ATMにお金を下ろしに行く手間が省けるのはもちろんのこと、支払い方法を一括か2回払いに指定することで、手数料をかけることなくスマートにショッピングを楽しむことができます。

また、年会費が無料のクレジットカードを選んでおけば、クレジットカードを所有・使用する上で一お金が一切かかりませんから、クレジットカードのポイントや付帯サービス分が完全に得をする事になります。

 

 

通販が便利

クレジットカードのメリット・デメリット

現金を使わずに買い物することのメリットは通販で特に発揮されます。

ネットで商品を買ったらその場で決済して、あとは家に届くのを待つだけ。いちいち店頭払いや銀行振り込みをしなくて済むので楽ですし、手数料がかからないのでお買い得です。

特に、電子書籍やアプリであれば、その場で商品が手に入りますから、本当にパソコンやスマートフォンだけで買い物が完結します。

これは嬉しいですよね。

 

 

ポイントが貯まってお得

クレジットカードの魅力として忘れてはいけないのがポイントです。

事業用など一部のクレジットカードを除き、クレジットカードを利用すると、利用した金額の0.5~1.0%ほどのポイントがつきます。

 

クレジットカードは、高価なものを購入する際に利用するというイメージを持っている方もいるかもしれません。

ですが現在は、ありとあらゆるものをクレジットカードで購入することができます。

コンビニでも大抵のコンビニでクレジットカードを使用する事ができますし、支払いにかかる時間も現金と変わらないか、お釣りがない分早いくらいです。

 

日常で大きな買い物をする機会がないという方であっても、食品や日用品など、生活に必要なものを購入する機会が多々あると思います。

例え一回一回の利用した金額が少なくても、塵も積もれば山となり、馬鹿にはできないポイント量になっていきます。

 

これらの出費は年間で計算すると、かなりの金額になっていることがあります。

これらを現金で支払ったとしても、何も得をすることはありません。

 

しかし、必要なものをすべてクレジットカードで支払ったとすると、支払った金額に応じてポイントがつくため、現金を使うよりも得だと言えます。

ポイントと交換できるものはカードの種類や提携している会社によって変わりますが、大抵のクレジットカードのポイントは商品券と交換したり、キャッシュバックしてもらえたりするので実質割引になります。

支払いをクレジットカードにするだけでお金が還元されるのはお得ですよね。

 

家具や家電、家賃もクレジットカードで支払えばちょっといいランチが食べられるくらいのポイントはすぐに獲得できます。

獲得したポイントを生活費の足しに使えば家計の節約にも繋がります。

 

他にもクレジットカードには各種特典や保険、信頼の蓄積(銀行と同じで健全に使うとお金を借りやすくなるなど信頼が増す)など様々なメリットがあります。

 

 

 

クレジットカードのデメリット

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのデメリットは自分でコントロールできる範囲が多いのが救いです。

 

 

お金を使いすぎてしまう

クレジットカードのデメリットとしてよくあげられるのが、お金を使っている実感が湧きづらく、お金を使いすぎてしまうということです。

これが現金であれば使えば使うほど財布の中身が無くなりますが、クレジットカードだと一括払いでも一時的に借金ができてしまい、限度額まで使用できてしまうのためですね。

 

これに関してはマネーリテラシーを高め、ちゃんと自分のお金に気を配るようにすることが大事です。

そもそもクレジットカードだと使いすぎてしまうという方は、金額が違うだけ、借金をしてしまわないだけで、間違いなく現金でもお金を使いすぎてしまうと言えるでしょう。

 

あなたが、双極性障害やギャンブル依存症など普段の金銭感覚に異常をきたしているというのならば別ですが、そうでないなら家計簿をつけるなどし、正常な金銭感覚、マネーリテラシーを身につけることが大事です。

クレジットカードには利用明細書があるので、それをしっかり見返すようにすれば良いでしょう。

 

今後の人生で住宅ローンや保険などの金融商品に手を出す可能性があるならばぜひクレジットカードで現金を使わない金銭管理を練習すべきです。

 

 

個人情報の管理

他、クレジットカードのデメリットとしてあげられるのは、個人情報が漏れるリスクが増えることですね。

特に売買の記録がカード会社に残るのは脱税や闇取引をしている方には致命的な弱点だと思います。

対策としては、使うクレジットカードの数を絞り、不正利用などに注意することと、クレジットカードを使う際は世間に知られても良い買い物だけに止めるのが重要です。

 

 

 

まとめ

クレジットカードの基本的なメリット・デメリットについて紹介してみました。

見てわかった方もいると思いますが、クレジットカードは圧倒的にメリットの方が大きいです。

 

もちろん、使い方に注意が必要な点はありますが、何も難しいことはありません。

クレジットカードをうまく使いこなすことで得られるメリットは計り知れないので、ぜひクレジットカードを取得し、活用して見ましょう。

 

オススメの記事


関連記事