クレジットカードの家族カードは同性婚や事実婚、養子でも作れることがあります!

家族カード

クレジットカードの家族カードは同性カップルや事実婚、養子等、法律上の家族でない場合や血縁関係がない場合でも、クレジットカード会社によっては発行できることがあります。

家族カードの「家族」の定義とは?

日本のクレジットカード会社で家族カードを発行する場合、一般的には以下の条件が多いようですね。

本会員と生計を共にする配偶者、両親、子供(18歳以上)

これらの条件を満たしている相手であれば家族カードを発行できます。

クレジットカード会社によっては、さらに「同居していること」「姓が同じこと(夫婦別姓は不可)」「兄弟でも可」などの条件が追加されていることもあります。

日本の家族カードは基本的に大黒柱である男性と、扶養される両親や女性、子供を想定したサービスです。

なので、同性婚や事実婚の扱いについては特に言及されていませんし、法律上・血縁上の家族でも兄弟は対象外になることが多いようです。

特に日本企業のJCBは家族カードを発行できる相手の基準が厳しいようです。

法律上の家族でなくても家族カードが発行できるクレジットカード

外資系のクレジットカード会社であるアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)は自分が家族だと思う人には誰にでも家族カードを発行できる可能性があります。

また、日本でも楽天カードであれば同性パートナーに家族カードが発行できます。

アメックスは同性婚や内縁の夫婦、育ての親等もOK

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)は家族カードの条件に関して、非常に寛容です。

家族カードのご入会資格は、原則、配偶者・ご両親・18歳以上のお子様です。

出典:家族カードのご案内 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス

一見、普通のようですが、「原則」と書かれていることから例外があることがわかります。

配偶者や両親、子供について細かい条件や定義が記されていません。

さらに他社のクレジットカードのように「生計が同一であること」や「同棲していること」「同姓であること」などは条件にあげられていません。

実際にネットで事例を探してみると「同棲している彼女に家族カードを発行した」といった体験談も見つかります。

これらのことから、アメックスでは法律上の家族でなくても家族カードを発行できる可能性があります。

*なお、ここでいうアメックスとは、アメックスが他者と提携せず、自社で発行しているクレジットカード(家族カード)に限ります。セゾンなどが発行しているアメックスは別です。

関連記事:アメックスは同性婚や内縁の妻など事実婚の相手にも家族カードが発行できる!

楽天カードは同性婚OK

楽天カードは同性婚(同性パートナー)でも生計を同一にしていれば家族カードを発行することができます。

楽天カードの家族カードは生計を同一にしていれば同性パートナーでも申し込むことが可能です。

出典:楽天の家族カードは同性婚(同性パートナー)でも申し込める!

家族カードの申し込みをする際も、特別な手続きは必要なく、家族カードの新規入会時に続き柄を「配偶者」にすればOKです。

すでに楽天カードを持っている方で家族カードを追加で申し込む場合には、楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」へログインし「家族カードのお申し込み」より手続きすればOKです。

まとめ

家族カードが発行できる相手の条件に関しては企業文化を感じますね。

アメックスはアメリカの企業ですし、楽天も公用語を英語にするなど非常にグローバルな企業です。

やはり世界的な視野を持った企業は多様な家族に対応しているということでしょう。

最近では三井住友カードでも同性間で家族カードの発行を認めているようです。

今後、日本でもこのような企業が増えると良いですね。