自分にあったクレジットカードの選び方

クレジットカードの選び方

クレジットカードと一口に言ってもいろいろな種類があります。

カード会社によってサービス内容や審査基準が異なりますから、クレジットカードをお得に使うためには自分にあった1枚を探しましょう。

今回は、クレジットカード選び方のポイントについて紹介します。

 

クレジットカードは気軽に作れる?

クレジットカードを作るのはハードルが高いものではありません。

もちろんクレジットカードごとに審査や条件がありますが、18歳以上で自己破産などの経験がなければ、全くカードを作れないということは少ないです。

しかし、思い立ってすぐに作れるカードばかりではありませんし、1枚のクレジットカードを長く使う方が何かと良いです。

ですから、そう身構える必要もありませんが、ある程度自分のライフスタイルを考えてクレジットカードを作りましょう。

 

 

クレジットカードをつくる目的は?

自分にあったクレジットカードを選ぶ際に重要なのが「クレジットカードをつくる目的」です。

クレジットカードには様々なメリットがあるので、自分がなぜクレジットカードを作りたいのかはっきりさせましょう。

一般的な理由としては以下のようなものが挙げられますね。

  • とりあえずクレジットカードを持ちたい
  • 日常の決済手段として財布がわりに活用したい
  • ポイントを貯めて得したい
  • 日常の支払いを一元化したい。
  • 保険や特典などの付帯サービスを利用したい
  • 海外などクレジットカード社会で生活するため

 

クレジットカードをつくる目的によって選ぶべきカードは変わってきます。

クレジットカードにはそれぞれ得意な分野と苦手な分野があるので、目的をはっきりさせるとクレジットカード選びがはかどります。

目的もはっきりさせずにクレジットカードを選んでも混乱するだけなので、まず最初になぜクレジットカードをつくるのかを考えることが重要です。

 

 

年会費が発生するクレジットカードは?

クレジットカードには年会費を支払わなければいけないものと年会費無料で使えるものの2種類があります。

 

年会費無料のカードだからといって有料のカードより機能やサービスが劣るということはありません。

VISAやMasterCardなどの国際ブランドがあれば決済手段として不便は発生せず、違いはカード会社事の付帯サービスやポイントサービスのみにとどまります。

判断基準は、そのカード会社独自のサービスに年会費を支払うだけの価値があるかどうかです。年会無料のカードでも充実したサービスが利用できるカードは多いので、特にこだわりがないのなら無料のカード会社でも快適に利用できるでしょう。

 

 

限度額も要チェック

クレジットカードにはそれぞれ個別に利用限度額が設定されています。

限度額はカードを作成してすぐは低く設定されているため、クレジットカードで家賃や光熱費なども支払うとすぐ限度額に達してしまう可能性があります。

限度額の見直し基準は非公開ですが、すぐに上限を引き上げてくれる柔軟なカードもあれば信用があってもなかなか見直しに応じてくれないカードもあります。

定期的な見直し以外にも上限引き上げを願い出ることで応じてもらえるケースもあり、限度額の取り扱いはカード会社によって大きな違いがあります。

 

せっかくクレジットカードを作ったのにすぐ上限に達して制限がかかってしまえば快適に利用できません。

利用者の口コミなどを参考に、限度額に関する情報もチェックしてカード選びに役立てましょう。

 

 

ポイント還元率は?

多くのクレジットカードで使える特典が「ポイント」です。

利用額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは商品券などに交換できます。

クレジットカードには様々な機能や特典がありますが、誰でも普通に利用しているだけでお得になるポイント機能はクレジットカードを選ぶ上で重要な点です。

特にクレジットカードの優待サービスや保険を使う気が無いならば、ポイント還元率でクレジットカードを選ぶのがオススメです。

 

 

 

まとめ

クレジットカードを選ぶ際は、目的をはっきりさせてクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードは何枚持っていてもいいのですから、普段用、旅行用、予備など用途を分けて複数枚持っても構いません。

ですから、ただ無難なカードを選ぶだけでなく、自分の用途や目的に特化した強みのあるクレジットカードを選ぶのが大事です。




follow us in feedly