クレジットカードのキャッシングとは?注意点やメリットとデメリットを解説

クレジットカードを使ってお金を借りることができる機能である「キャッシング」について、意味やメリット・デメリットを解説します。

キャッシングとは

「キャッシング」とはクレジットカードの機能の1つです。

クレジットカードのキャッシングを利用すれば、コンビニや銀行のATMから現金を引き出したり、自分の口座に直接お金を振り込んでもらえるので便利です。

キャッシング機能はほとんどのクレジットカードで利用することができます。ただし、一部のクレジットカードはキャッシングに対応していません。またキャッシングに対応しているクレジットカードでもキャッシングが利用できないように設定されている場合があります。

キャッシング枠とは

クレジットカードには普段の買い物で使える「ショッピング利用枠」というものがあります。ショッピング枠が50万円なら50万円まで買い物が出来るわけです。いわゆる限度額ですね。

それと同じようにキャッシング機能があるクレジットカードには「キャッシング利用枠」があります。

カード会社によってショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定されている場合もあれば、キャッシング枠がショッピング枠の一部として扱われている場合もあります。

キャッシング機能が付いたクレジットカードはキャッシング利用枠の中で現金を借りることができます。例えばキャッシング枠が50万円なら50万円まで借金(キャッシング)が出来るわけです。

キャッシング枠がショッピング枠の一部として扱われている場合は、例えばショッピング枠(総利用枠)が50万円の状態でキャッシングで30万円を借りると、キャッシングだけでなくショッピングも残り20万円しか使えなくなってしまいます。

自身が持っているクレジットカードのキャッシング枠(キャッシング限度額)はクレジットカードが送られてくるときの台紙やご利用明細などに記載されています。

キャッシング機能をクレジットカードに付けるには

大抵のクレジットカードはキャッシング機能に対応しています。

クレジットカードの申し込み時にキャッシングの利用を希望し、利用枠(限度額)を申請すればキャッシングが使えるクレジットカードが発行されます。ただし、審査次第でキャッシング機能が付かなかったり、付いても利用枠が希望より少なくなってしまう可能性はあります。また、そもそもクレジットカードの審査に通らないこともあります。

ちなみにクレジットカードによってはキャッシング機能を後から追加すこともできます。そうすることで既に発行済みのクレジットカードでキャッシング機能を使うことが出来るようになります。ただし、後からキャッシング機能を付ける場合も審査は必要です。

キャッシングの金利

キャッシングで借りたお金を返す際は元金だけでなく金利(手数料)も合わせて返済しなければなりません。

キャッシングの金利は他の借金(カードローンや住宅ローンなど)と比べて高めです。

例えば「三井住友カード」のキャッシングは金利が年率18%です。これは100万円借りて1年が経つと借金が118万円になっているということです。「楽天カード」も同じく年率18%です。

他のクレジットカードも大体同じくらいの金利です。

年率18%の金利は正直かなり高いです。借金を返せないでいると金利でどんどん借金が膨れ上がって借金地獄となる可能性もあるので要注意です。

キャッシングは要するに借金です。必ず借りたお金を金利手数料を足して返す必要があります。しかも、先述の通りキャッシングの金利手数料は決して少なくありません。

ですので、キャッシングを利用する際はちゃんと返済計画を立てた方がいいでしょう。無計画にお金を借りると後から返済が困難になってしまう可能性があります。

また、クレジットカードにはお金を貸す総利用枠があります。例えば総利用枠が50万円の状態でキャッシングで30万円を借りると、キャッシングだけでなくショッピングも残り20万円しか使えなくなってしまいます。キャッシングを利用する際はキャッシングの利用だけでなくショッピングでの利用も踏まえて考えましょう。

キャッシングのメリットとデメリット

クレジットカードのキャッシングのメリットとデメリットを解説します。

キャッシングのメリット

まずはメリットです。

気軽・手軽にお金を借りられる

キャッシングはクレジットカードにキャッシング機能を付けた時点で審査が終わっているので、お金を借りたいと思った時に審査が不要で即お金を借りることができます。

もちろん、担保や保証人も不要です。後述しますが、現金の受け取りもコンビニや銀行のATMで引き出すか、自身の銀行口座に直接振り込まれるので手軽です。

そのため、クレジットカードを発行する際などにあらかじめキャッシング機能をつけておけば急な出費に対応ができます。

現金が手に入る

クレジットカードは手元にお金がなくても買い物など各種支払いが出来る便利なカードです。しかし、クレジットカードのショッピング機能を普通に使っても物が買えたり支払いができるだけで現金が手に入りません。

そのため結婚式のご祝儀や病院の支払いなど現金しか利用できない場面では使用できません。ですが、キャッシングであれば現金が手に入るため急に現金が必要になった際も安心です。

他人にお金を借りていることがバレない

プロミスやアイフルなどの消費者金融の場合、利用明細が自宅に届いたり、店舗や無人契約機コーナーにいる所を他人に見られたりして借金をしている事が他人にバレてしまう可能性があります。

ですが、クレジットカードのキャッシングであれば普段のクレジットカードの利用と変わらない上に、お金の受け取りの通常のコンビニや銀行のATMでできるため他人に借金をしているという事が非常にバレにくいです。

海外で現地通貨を引き出せる

キャッシング機能の中には海外でも使えるものがあります。

海外キャッシングであれば世界主要都市の空港や銀行のATMから現地通貨を引き出すことができます。

海外でその都度キャッシングすれば不慣れな海外で多額の現金を持ち運ぶ必要がなくなるので安心です。

キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットは以下の通りです。

金利が高い

先ほども解説しましたがクレジットカードのキャッシングは金利が非常に高いです。

返済が遅れたり、多額のキャッシングをすると、かなり多くの金利手数料を払うことになります。正直かなり勿体無いです。

数十万円しか借りられない

クレジットカードのキャッシングでは大抵数十万円しか借りられません。

日頃の利用には十分ですが、パソコンや家具・家電、さらには家や車といった高額な買い物のために借金をするのは難しいでしょう。

(もっとも、クレジットカードのキャッシングは金利手数料が高いので高額な借金をすべきではないです。)

キャッシングの使い方

クレジットカードのキャッシングを利用する方法について解説します。

キャッシングが出来る場所

クレジットカードのキャッシングはコンビニや銀行のATMで利用できます。ただし、ATMによっては対応していないクレジットカードがある場合もあるので、事前に利用できるか利用予定のATMをチェックしておくと良いでしょう。

また、ネットや電話から申し込むことで自分の銀行口座に直接振り込んでもらうことも可能です。

コンビニのATM

コンビニの店内に設置されているATMを利用することでキャッシングができます。

コンビニのATMの場合、大抵24時間利用できるので便利です。

銀行のATM

銀行のATMでもキャッシングが利用できます。また、通常の銀行だけでなく郵便局(ゆうちょ銀行)でも利用できます。

銀行のATMはコンビニのATMより営業時間が短いので注意しましょう。

口座振込

キャッシングはインターネットや電話で申し込むこむことで、カードの引き落とし口座に直接お金を振り込んでもらうこともできます。

わざわざ銀行やコンビニのATMまで行く必要がなくなるので便利です。

キャッシングの方法

クレジットカードのキャッシングを利用する手順を具体的に解説します。

ATMでの借り方

コンビニや銀行のATMでキャッシングを利用する方法について解説します。基本的には銀行のキャッシュカードでお金を引きおろすのに似ており決して難しくはありません。

ATMによって微妙に違いますが、基本的な流れは以下の通りです。

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードをATMに挿入します。
  3. 暗証番号を入力
  4. 「お借入れ」を選択
  5. 返済方法を選択(「1回払い」か「リボ払い」)
  6. 借り入れ金額を1万円単位で入力(利用限度額の範囲内で)
  7. 挿入口から出てくるクレジットカードとご利用明細、現金を受け取る

どのコンビニ・銀行のATMでもこのような感じです。

口座振込での借り方

各クレジットカードごと申し込み方法が異なるのでキャッシングを使用するクレジットカードを確認して調べてみてください。

キャッシングの支払い方法(返済方法)

クレジットカードのキャッシングで借りたお金の支払い方法(返済方法)は「1回払い」と「リボ払い」の2つがあります。

1回払いは指定日に一括で口座からお金が引き落とされる支払い方法です。

リボ払いも指定日に口座引き落としがされますが、毎月の返済額が一定の金額になります。例えば毎月5,000円と決めたら毎月5,000円ずつ引き落とされます(リボ払いはクレジットカードによって具体的な返済金額や仕組みが微妙に異なるので注意してください)。

キャッシングは使わない方が良い

クレジットカードのキャッシングは非常に便利ですが、金利手数料が非常に高いですし、借りられる金額も数十万円なのであまりオススメはできません。

キャッシングは使わない方がいいでしょう。

キャッシングを使わないなら設定しないのが無難

クレジットカードにキャッシング枠を設定するかどうかは申し込み時に決めることができます。

ですが、特に借金をする予定がないならキャッシング枠を0円に設定するなどして、最初からキャッシング枠を付けないのがオススメです。

キャッシング機能があると、つい安易に借金をしてしまう可能性がありますし、万が一クレジットカードを落とした時にキャッシング機能を不正利用されてしまう可能性もあります。

その点、最初からキャッシング機能を使えないようにしておけば安心です。

また、キャッシング枠を付けない方がクレジットカードの審査もスムースになり早く済むことが多いです。

キャッシングは後から設定できる

クレジットカード会社によりますがキャッシング枠は大抵後から設定したり、限度額を増やすことが可能なので、例えば「海外に行くことになり、キャッシングがしたい」といった場合には後からキャッシングを利用できるようにすることも可能です。

ですから、特に予定がないのなら最初はキャッシング枠は設定しなくても大丈夫です。

海外で非常に便利なキャッシング

先述の通り、クレジットカードのキャッシングは金利手数料が高いため基本的にはオススメしません。

しかし、唯一キャッシングが便利でオススメな状況があります。それが海外での利用です。

海外のATMでクレジットカードのキャッシングを利用する場合、現地通貨で現金を引き出すことができます。

返済を一括で済ませ、金利手数料を最小限に抑えれば日本円を銀行やホテル、外貨両替所で現地通貨に両替するよりもお得になる場合があります。

ATMは機械なので人がやっている窓口と違って、金額を誤魔化される心配や言葉が通じずトラブルになる可能性もありません。ATMによっては日本語対応もしているので安心です。

まとめ

キャッシングは要するに借金です。金利も高くメリットは少ないので利用するのはオススメしません。

どうしても利用する際は返済計画を立て、借入額を抑えて十分注意して利用しましょう。

ただ、海外キャッシングは使い方次第でお得なのでオススメです。