クレジットカードの国際ブランドとは|それぞれの特徴や違い

クレジットカードのブランド

クレジットカードを選ぶ際に悩む「VISA」や「MasterCard」と言ったブランド。

これらは国際ブランドと呼ばれるものです。

具体的に国際ブランドとは何なのか?どんなブランドがあるのか紹介します。

 

クレジットカードの国際ブランドについて

日本で使われているクレジットカードのほとんどには、いずれかの国際ブランドが付いています。

現在、主要な国際ブランドとして認知されているのは以下の7種類です。

 

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club
  • 銀聯
  • Discover

 

この7種類の中でもVISAとMastercardが世界で大きなシェアを占めています。

主に、VISA、MasterCard、JCB、American Express(アメックス)、Diners Clubの5つが国際ブランドとしての歴史も長い五大ブランドとして知られています。

さらに、中国で圧倒的なシェアを誇り、最近飛躍的にシェアを伸ばしている銀聯カード(ぎんれん-。Union Payとも)と、新たな注目株として話題のディスカバーカードも、国際ブランドのカードです。

 

国際ブランド付きのクレジットカードは、世界中にある全ての該当加盟店で利用できます(最近は少ないですが、実は国際ブランドがついていないクレジットカードもあります)。

特に、ビジネスや観光などで海外に行く機会が多い方は、国際ブランド付きのクレジットカードを1枚持っておくと、様々な場所で決済できて非常に便利です。

 

 

 

国際ブランドの違いは?

クレジットカードのブランドには様々なものがあるのですが、現在、多くのクレジットカードで採用され、地名度があるのは先ほども紹介した7つのブランドだけです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club
  • 銀聯
  • Discover

 

ここではこの7つの国際ブランドのそれぞれの特徴を紹介します。

 

 

VISA

VISAは世界で約13億人のクレジットカード会員と2,400万以上の加盟店を持つ、業界最大手の国際ブランドです。

 

VISAはクレジットカードを世界中で利用できるように決済システムを整備している「決済機構」であり、VISA社ではクレジットカードを発行していません。

VISAからライセンス権利を得た各提携会社(日本では三井住友など)が、クレジットカードを発行する仕組みになっています。

 

「三井住友VISAカード」と言う名前が日本では知られているため、以下のようなに思っている方も多いです。

  • VISA=三井住友VISAカード
  • VISAカード=三井住友VISAカード
  • VISAは三井住友が発行している
  • 三井住友がVISAを発行している

しかし、これらは全て間違いです。

 

日本国内はもちろん、世界中で使いやすいクレジットカードのため、初めてクレジットカードを作る際は、VISAブランドのクレジットカードを選ぶと便利です。

 

 

MasterCard

MasterCardはVISAに続く2番手の国際ブランドです。

VISA同様、日本を含む世界中で使える店が多い便利なクレジットカードです。

日本国内ではVISAと大差ないですが、世界的に見ると、VISAがアメリカ方面に、MasterCardはヨーロッパ方面に強い、といわれています。

 

MasterCardも国際ブランド専業でありクレジットカードの発行はしていません。

ライセンス権利を受けた提携会社がクレジットカードを発行しています。

 

 

JCB

JCBは日本初の国際ブランドです。そのため、日本国内の加盟店数は1位です。

日本だけでなく、アジアなど日本人が行きやすい観光地などを中心として、加盟店を増やしており、現在では1,400万店ほどになっています。

海外旅行や外資系のサービスを使わないならば、VISAやMasterCardより、JCBの方が便利かもしれません。

 

JCBはVISAやMasterCardと異なり、自社でもクレジットカードの発行をしています。

VISAの場合は「三井住友が発行するVISAカード」のような提携カードだけですが、JCBの場合は「JCBが発行するJCBカード」があると言うことです。

 

 

American Express (アメックス)

アメリカン・エキスプレスはアメックスの略称で知られています。

お金持ちやハイクラスのビジネスパーソンが使うステータスが高いブランドとして世界中で認知されています。

 

アメックスもJCB同様、提携カードだけでなく、プロパーカード(自社で発行するクレジットカード)を提供しており、アメックスではこのプロパーカードが特に有名です。

 

その分、年会費が高いカードが多く、無料で持てるアメックスは非常に少ないです。

その分、特典は豪華で、一流ホテル・レストランなどの優待や空港ラウンジの利用など質の高いサービスが多いです。

 

アメックスもJCBと同様にアメックス自体が発行するプロパーカードとライセンスを受けた業者が発行する提携カードの2種類があります。

プロパーカードは全世界デザインが共通で、世界的に知名度と信頼度の高いカードです。

 

アメックスは富裕層向けのカードとして知られており、特に旅行や出張に強いサービス(例えば旅行保険や荷物の配送など)が売りです。

そのため、年会費はプロパーカード、提携カード共に他と比べ少々高いカードが多いですが、その価値はあります。

 

世界的にVISAやMasterCardと比べ加盟店(使えるお店)が少なく、少々不便なクレジットカードなのですが、日本国内ではJCBカードの加盟店でも使えるので、案外使える店が多く便利です。

ただ、それでもやはり使い勝手が悪いことには変わりないので、アメックスを使う場合はサブカードにするか、サブカードとしてVISAやMasterCardを用意するのが基本です。

 

 

 

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Clubは、「世界で最初に登場したクレジットカード」です。

アメックス同様、ハイステータスな国際ブランドです。

ハイステータスな分、審査が厳しく、年齢制限は27歳以上です。

こちらもDiners自身が発行するプロパーカードがあります。

 

利用金額の限度が比較的高いため、高額商品の支払いや出費が多い月などでもゆとりをもって利用できます。

また、グルメや旅行、エンタメシーンなどで利用できる会員限定のイベントやサービスの優待が多く、富裕層向けに発行されています。

 

ダイナースは国内では加盟店が少ないですが、アメックスと同様、JCBと提携しているため、国内の多くのJCB加盟店で利用できます。

海外ではVISAやMasterCardに比べ加盟店は少ないですが、米国の大手カード会社ディスカバーと提携しているため北米では広く使える…はずなのですが、あまり認知されていないためか使えないと言われることもあるようです。

 

 

 

銀聯カード

銀聯カードは、中国中央銀行主導で作られた国際ブランドで、中国国内で絶大な知名度と莫大なシェアを誇ります。

 

中国銀聯発表によると、2015年の第1四半期での銀聯カードの取扱高は約1兆9,000億ドルで、VISAの1兆7,500億ドルを抜いています。

クレジットカードの累計発行枚数は50億枚以上にのぼり、中国市場が中心ですが、今最も成長率の高いクレジットカードブランドです。

 

まだまだメジャーなブランドではないので、メインの1枚にする場合は要注意ですが、中国旅行や中国出張用のサブカードとして作るのはオススメです。

 

 

ディスカバーカード

ディスカバーカードは、アメリカのディスカバー・フィナンシャル・サービスが展開しているクレジットカードブランドです。

アメリカを中心に約5,000万人の会員がおり、利用できる加盟店は北アメリカ・中央アメリカ・東南アジアなどに広がっています。

 

日本国内ではディスカバーカードを発行しているクレジットカード会社がないため、国際ブランドの中では銀聯以上に知名度が低いカードとなっています。

日本人が発行を希望する場合は、アメリカなど海外で申請する必要があります。

 

知名度が低く、加盟店も少ない上に、日本で取得するのは困難なので、新しいクレジットカードを発行する際に選択肢となることはまずないと思います。

現状では特に触れる機会もないでしょうから、知識として知って置く程度にして置くといいでしょう。

 

 

 

まとめ

日本で利用する場合、便利なカードはVISAとMasterCardの2つになるでしょう。

海外旅行に行く場合も、VISAとMasterCardなら特に不便な思いをすることはないはずです。

 

クレジットカードを複数枚持つ場合は、ここで紹介した国際ブランドが被らないように取得すると便利です。

サブでVISAやMasterCardを持っていれば、アメリカン・エキスプレスやダイナースなど加盟店の少ないカードも安心して使えますからね。