クレジットカードのデザインに黒いカードが増えている理由

黒いデザインのクレジットカード

実は最近、黒いデザインのクレジットカードが増えていると言われています。

その理由はなぜなのか?

 

黒いクレジットカード

最近、クレジットカード会社が発行しているクレジットカードを見ていると、黒い券面(デザイン)のカードが増えていると感じる。

事実、知名度が高いカードをさっと見渡してみると、確かに多いというほどでもないが、黒いデザインのカードが他の色と比べ多いと感じられると思う。

 

 

クレジットカードのランク

多くのクレジットカードにはランクがあり、ホルダー(所有者)の一種のステータスになる。

大抵のカード会社は「年会費が安く入会しやすい一般カード」と「年会費が高い代わりに保険やサービスが充実しているゴールドカード」の2種類を用意している。

さらに、アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)あたりになると、グリーンカード(一般カード)、ゴールドカード、プラチナカード、さらに最上級のブラックカードが存在する。

 

 

ブラックカードの存在

このアメックスを皮切りに、一部の富裕層向け、もしくは多くの層を顧客に抱えるクレジットカード会社は一般カードやゴールドカードだけでなく、さらに上級のサービスを提供する「プラチナカード」そしてさらにその上のサービスを提供する「ブラックカード」を用意するのが当たり前になった。

 

「ブラックカード」の情報は基本的に伏せられてる or 多くの情報が発表されていないものだが、様々なメディアに所有者のインタビューが載せられたり、最近ではTwitterやYouTubeで自ら解き明かす人物も出てきた。

その結果、大衆にも「ブラックカード」という言葉が浸透してきている。

そして、ブラックカードの券面(デザイン)は文字どおり「ブラック=黒」。もちろん例外もあるが基本的にブラックカードは黒いデザインをしている。

そのため、「黒いデザインのカード=お金持ちのハイステータスカード」という認識が多くの層に定着してきている。

 

カード会社がカードのデザインに黒い券面を採用することが増えてきたのは、簡単にステータス感、高級感を出せるためだと言われている。

 

 

無難なデザインゆえに選ばれている面も

一方で、実際にはステータス感、高級感など関係ないという意見も存在している。

その理由とは「黒=無難な色」という意見だ。

 

というのは、黒いカードはシンプルで落ち着いた色味のため、どのような状況でも出して恥ずかしくないデザインにしているというのが理由。

確かにダサいデザインのカードはもちろん、キャンペーンやコラボなどで見かける「芸能人の顔がデザインされたクレジットカード」や「アニメキャラのデザインのクレジットカード」は場所や状況によっては出しづらい…

 

海外ではアニメキャラの意味がわからないため、海外旅行でアニメキャラデザインのクレジットカードを出したら怪しまれて使えなかったという話も聞く。

そうした意味でもデザインを無難でスタイリッシュな黒にしておくことは何気に重要な事なのかもしれない。

実際、「無難で使いやすい」というお客様の声を聞いて黒いデザインのクレジットカードを発行しているカード会社もあるようだ。

 

もしかしたら本当の理由はこちらかもしれない。確かに見栄を張った理由よりもまともだし現実的だ。

 

 

 

まとめ

というわけでクレジットカードに黒いデザインのカードが増えている理由としては、

  • ブラックカードという最高ランクカードがあるため、”それらしいデザイン”ということでカードの色やデザインが黒いカードは増えている。
  • どんな状況で利用しても怪しまれない、気まずくならない無難な色。

この2つが考えられる。

現実的な理由なのは後者だが、両者とも結局は「信頼あるクレジットカードと認識してもらう」点で一緒である。



follow us in feedly