クレジットカードの利用可能額とは?更新や復活のタイミングについて

利用可能額は(現時点で)クレジットカードを利用できる金額のことです。

限度額から利用残高(まだ支払いが済んでいない利用金額)を差し引いたものが利用可能額になります。

式:限度額-利用額=利用可能額

例えば、クレジットカードの限度額が30万円で、利用した金額が10万円だった場合は、30万-10万で20万円が利用可能額になります。

限度額が30万円ということは、クレジットカード会社に立て替えてもらえる金額が30万円ということです。10万円を利用すれば、クレジットカード会社に10万円立て替えてもらったことになります。

そのため、クレジットカード会社に立て替えてもらえる残りの額は20万円=利用可能額は20万円ということです。

例:30万(限度額)-10万(利用額)=20(利用可能額)

その後、さらに20万円使えば、10万+20万で30万円の利用となり、利用可能額は0になります。

例:30万(限度額)-30万(利用額)=0(利用可能額)

30万円立て替えてもらえる中で、30万円立て替えてもらったので、もうこれ以上はカード会社がお金を立て替えてくれない=クレジットカードの利用可能額は0という考え方です。

利用可能額を復活(回復)させるには?

クレジットカードの利用可能額はただ月をまたぐだけでは復活(回復)しません。

利用可能額はクレジットカードの利用額の支払いを済ませることで復活させることができます。

例えば、限度額が30万円で利用額が10万円であれば利用可能額は20万円になります。この時、利用額の10万円をクレジットカード会社に支払えば利用額は0円になり、利用可能額は限度額と同じ30万円に復活します。

もし、分割払いやリボ払いを使っていて、支払った金額が7万円だった場合には、まだ支払っていない利用額が3万円残っているので、利用可能額は30万-3万=27万で27万円になります。

そのため、分割払いやリボ払いを過度に使っていて毎月の支払額が少ない方は、いつまでたっても利用可能額が復活しないので注意しましょう。

利用可能額が更新(反映)されるタイミングは?

利用可能額はクレジットカード利用分の支払いをしても、すぐに復活するわけではない点に注意しましょう。

一般的にクレジットカードの支払いは口座引き落としにしている方が大半だと思います。

口座引き落としの場合、引き落とし日(支払日)から利用可能額が回復するまで通常1~4営業日ほどかかります。これは支払いが完了しても、クレジットカード会社側のシステムがそれを認識し、利用可能額が更新されるまでにタイムラグがあるためです。

例えば、楽天カードでは支払いが利用可能額に反映されるまで「2~4営業日」かかります。

カードのご利用可能額への反映は、お引き落とし結果の情報が金融機関から弊社へ到着してからとなります。
通常約2~4営業日のお時間がかかり、金融機関によって異なりますのでご了承ください。

出典:楽天カード:よくあるご質問

まとめ

利用可能額は名前の通り、クレジットカードがあとどれだけ使えるかを示す大事な点です。

特に大きな買い物やまとめ買いをする際は、限度額を超えてしまわないよう、利用可能額をよく確認することが大切です。

また、利用可能額には余裕を持たせておくと良いでしょう。

そうしないと、病気や旅行など急な出費やまとまった出費が必要な時、利用可能額がなくクレジットカードが使えなくなってしまう可能性があります。

関連記事

クレジットカードの限度額とは?