中国の言語は?|英語は使えるのか?

中国の言語

中国で話されているのは何語なのか?中国で英語は使えるのか?

中国の言語について紹介します。

 

中国の公用語は「中国語」

中国の公用語は中国語(普通話)です。

また、イギリスの植民地だった香港では、北京語、広東語および英語も公用語になっています。

 

 

中国語とは

中国語は、中華人民共和国、中華民国(台湾)、シンガポールの公用語で、世界各国にいる華僑・華人の間で話されている言葉です。

中国語は母語とする人が約12億人、第二言語とする人は約2億人で、世界最大の母語話者人口を有する言葉です。

また、国際連合における公用語の一つでもあります。

 

中国語には様々な方言があり、通信や教育が発達していなかった時代には、同じ中国内でも言葉が通じなかったと言います。

現在、若年層には標準語である普通語が普及しているため、共通のコミュニケーションが取れるようになっています。

 

 

 

中国で英語は通じるのか?

中国では英語は通じません。日本と同様、カンタンな単語や挨拶くらいなら通じるというレベルです。

ホテルや空港なら英語が通じます。レストランやタクシーでは基本的に通じないので注意してください。

また、香港は英語が通じる方も多いですが、日本人と大差ないレベルの方もいるので、英語のコミュニケーションはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

 

中国で日本語は通じるのか?

中国と日本は何かと交流があるため、言語にも日本語由来のものが少なくありませんが、日常の会話ができるかというとそれは難しいです。

しかし、中国語も日本語も漢字を使うため、筆談は意外と効果的で、かなりの意思疎通が可能です。

 

 

 

まとめ

中国では英語は通じません。香港もあまり期待しないほうがいいでしょう。

また、中国語には北京語や広東語など、様々な方言があるため、中国語自体もエリアによっては自分の想像している中国語や喋れる中国語とは違う可能性があります。

中国語を覚えて中国へ行こうという方も、自分の行くエリアや自分が勉強している中国語に注意して行きましょう!