タンス預金のメリットとデメリットまとめ|真面目に生きているなら今すぐやめよう!

タンス貯金のメリットとデメリット

タンス預金のメリット・デメリットを解説します。タンス預金は真面目に生きているなら今すぐやめるべきです!

 

タンス預金とは

タンス預金とは銀行等の金融機関に預けず、自宅で保管している現金のことです。

日本では文字通り現金をタンスしまうことが多いためこのように名付けられていますが、実際は「家庭内で保管している現金」は全てタンス貯金として扱われます(財布など一部例外はありますが…)。

ちなみに欧米ではマットレスの下が典型的な貯蔵場所のため、「ベッド下貯金」と呼ばれることも。

 

タンス貯金は個人のへそくり等だけでなく、暴力団等が資金洗浄する前の現金もタンス貯金であり、言うまでもなく犯罪であるため政府は問題視しています。

 

そのような犯罪ではなく、一般人がタンス貯金をする理由としては、単に現金志向が強く、手元に現金がなければ生活できないということや金融システムに対する不安、例えば「銀行が潰れてしまうのではないか?」「マイナンバー制度はちゃんとしているのだろうか?」といったものが挙げられます。

 

日本銀行の調査報告によると、2016年現在、日本国内にはおよそ78兆円がタンス預金として存在するとされています。

政府がこのようなタンス貯金を表にだすための施策の一つとして、新円切替(新しいデザインの紙幣や硬貨を発行し、交換を促す)等があります。

 

 

タンス預金のメリット

  • すぐに使用できる現金であるため、流動性が極めて高い。
  • 政府や金融機関等に追跡、捕捉されない
  • 金融機関のトラブル(破綻等)の影響を受けない
  • 隠し場所がバレない限り、政府や金融機関に差し押さえされない (*基本的に推奨されません)
  • 脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)をする際、都合がいい (*基本的に犯罪です)

 

タンス預金の最大の長所は現金なので非常に流動性が高いことです。

言うまでもなく、急な出費や災害時に備えある程度のお金はタンス預金として自宅で管理をしておくのが好ましいでしょう。

また、金融機関のトラブルの影響を受けないのもメリットの一つです。しかし、基本的に日本ではペイオフ (預金保護)により、1,000万円まで預金が保証されている上、複数の金融機関に跨っていればなんら問題ないため、大きなメリットとは言えません。

 

そして、特殊なメリットが政府や金融機関等にお金の流れを追跡、捕捉されないと言うことです。

言うまでもなく銀行を使っていれば給料や報酬が銀行に入ることで収入や働き先が捕捉されてしまいます。クレジットカードや銀行振込で買い物や支払いをしていれば支出まで特定されます。

 

政府や金融機関にお金の流れを追跡されないことによるメリットは差し押さえを回避したり、脱税やマネーロンダリングがしやすくなることです。

しかし、銀行の預金を差し押さえられるとなれば、それ自体が問題ですし、脱税やマネーロンダリングは基本的に犯罪ですので、言うまでもなくオススメできません。

真っ当に生きている人やトラブルなく行きている人にはなんのメリットにもならないはずです。

 

ただし、世の中にはなんらかの(合法的な)理由により「失踪したい」という方もいます。

例えば異常にしつこいストーカーから逃げたい、同性愛者とバレて執拗に差別されている、性転換をして新しい人生を歩みたい、家族から虐待されている、悩みを捨てて人生をリセットしたい、そんな方達も世の中にはいます。

一般的に本人以外がたやすく銀行や納税、クレジットカードの利用履歴を開示できるわけではありませんが、例えば家族から逃げたいなどと言う場合、家族の権限は大きいので脅威となります。

ですから、できる限り金融機関を使わずに現金で生活することが失踪の重要なポイントになります。

まず大抵の方に当てはまることではありませんが、一応そのようなメリットもあります。

 

 

タンス預金のデメリット

  • 盗難・詐欺に会った場合の被害が増える
  • 災害時の消失する可能性がある
  • 保管場所を忘れてしまったり、間違えて(入れ物ごと)捨ててしまう可能性がある
  • 預金に対し、一切の保証がない
  • 金利収入が一切入らない
  • 経済を停滞させる原因となる

 

タンス預金のデメリットは何と言っても一切の保証がないことです。

例えばクレジットカードであれば盗まれて不正利用されても、警察やカード会社に問い合わせることで保証され、基本的に自分への被害はありません(勝手に利用されてもその支払いをする必要はない)。

しかし、現金の場合、勝手に使われても現金自体には一切の保証がありません。

もちろん犯罪者には損害賠償の責任がありますが、被害額が1円の狂いもなく確定するとは限りませんし、そもそも犯罪者がお金を持っていなければ泣き寝入りです。

また、お金を落とした、財布を無くした、事故で損失した場合にはそもそも誰が悪いわけでもないですから当然保証はありません。

タンス預金で言えば、火災や地震でお金が損失したり、保管場所を忘れてしまえばそのまま無くなってしまいます。

 

また、タンス預金では銀行を利用していないと言うのも問題です。

銀行を利用していないと、利子がつかないのはもちろんですが、銀行の利用実績やまとまったお金が入金されていない場合、ローンが組めなかったりクレジットカードが作れない可能性があります。

 

また、マクロな視点で見れば経済が停滞するのも問題です。銀行に預けるだけでも銀行はそのお金を使って経済を回してくれます。

一方、タンス貯金は完全に何も生み出さないお金ですから、経済的に大きな損失です。

 

 

 

まとめ

マイナンバーから逃れるために富裕層も自宅に大きな金庫を買ってタンス貯金をしているといいます。

しかし、資産が1億円あれば、年利1%でも年間100万の不労所得が得られるわけですから勿体無いですよね。もっとも、富裕層にとっては100万円くらいはした金かもしれませんが…

 

急な出費や非常に備えて最低限のタンス貯金は欲しいところですが、必要最低限の現金を手元に用意したらあとは銀行に預けたり、投資に回すのが良いでしょう。

 

マクロな視点で見れば、ガンガン使って国の景気をよくして欲しいですね笑

寄付や納税をしなくとも、たくさん消費して経済を回すだけで多くの人のためになります。

 




follow us in feedly