ごちゃごちゃした配線(ケーブル)を整理するにはケーブルボックスを使うのがオススメ

パソコンや周辺機器のケーブルが机の下などにごちゃごちゃしていませんか?

そんな時はケーブルボックスを使うのがオススメです。

 

ケーブルボックスとは

ケーブルボックスとは名前の通り、ケーブルをまとめて入れてくことができる箱です。

ケーブルの他にも電源タップ(たこ足配線)などをまとめて入れておくことができます。

パソコンのデスク周りなど、周辺機器が多いと、ケーブルがかなり多く、足元などがごちゃごちゃしますが、ケーブルボックスを使えばキレイに片付きます。

 

パソコンやディスプレイなどの配線(ケーブル)がごちゃごちゃしていると、見た目も悪いですし、掃除も面倒、ケーブル同士も絡まりますし、良いことがありません。

特に、コンセントと電源の間に埃がたまると、火災の原因にもなります(トラッキング現象)。

ケーブルボックスを使えば、ケーブルや電源に埃がかぶるのを大幅に防いでくれます。

 

こちらは筆者が使っているケーブルボックスの中です(普段はこれにフタをします)。

大量のケーブルと電源タップがしっかり収納できているのがわかると思います(中の見た目はキレイではないですが苦笑)。

この量のケーブルやコンセント、電源タップが床に散らばっていたらと思うとぞっとしますね。

 

ケーブルボックスのフタを閉じればこの通り。デスクの下がスッキリします。

ケーブルボックス

 

ケーブルボックスの使い方

ケーブルボックスの使い方はカンタンです。

ケーブルボックスのフタを開けたら、電源タップやケーブルの束ごと箱の中に入れればそれでOK。

量が多い場合は多少入れ方を工夫しなければいけませんが、力などはいらないので誰でもカンタンにできるはずです。

ケーブルや電源タップを全てまとめて入れたら、最後にフタを閉じればOKです。

 

ケーブルボックスの選び方

何より大事なのはサイズです。

置く場所と入れるケーブルの量を考えてしっかり選びましょう。

小さいサイズのケーブルボックスに無理やりねじったり、曲げたりしてケーブルを収納すると、ケーブルが故障する原因になります。

なので、ある程度大きさにゆとりのあるサイズを選びましょう。

 

Amazonの商品ページには各商品ごとに細かい寸法が記載されているので参考にすると良いでしょう。

今後、ケーブルは増えるのか?買い足す可能性はあるか?なども考えて大きさを決めましょう。

 

また、ケーブルボックスの素材には主に木製とプラスチック製があります。

好みやインテリアに合わせて選べばOKです。ただ、どちらでも良いなら燃えにくいプラスチック製が良いでしょう。万が一、ケーブルが発火した際に被害を小さくすることができます。

 

まとめ

筆者が使っているケーブルボックスはこちらです。

Amazonで買いました。百均などに売っていることもありますが、やはりそれなりの大きさとクオリティを求めるならAmazonなどに売っているそこそこのクオリティのものが良いです。

大きいサイズだと、ケーブルだけでなく電源タップ(たこ足配線)なども一緒に入れられるのでオススメです。以下のケースはSサイズですが、小さめの電源タップなら入ります。

 

 

また、ケーブルボックスから出ているケーブルはこのような粘着剤を使わないテープで留めるとスッキリして良いですよ。

 

ケーブルボックスはかなり地味な商品ですが、あるのとないのとでは大違いです。パソコン周りにケーブルが多い方は、導入すればデスクの周りがスッキリし、きっとQOL(人生の質)をあげてくれます!