なぜ目の色(瞳の色)には青や茶色など様々な色があるのか?

瞳の色

黒、茶、青、緑、グレー。世界には様々な色の瞳を持つ人種がいます。

同じ日本人でも黒い目の人と茶色い目の人がいますが、瞳の色にはなぜ違いがあるのか?

 

瞳の色はメラニン色素で決まる

人間の瞳の色は瞳の中の「メラニン色素」の量によって変わります。

メラニン色素とは、有害な紫外線等から自分の体を守ってくれる色素です。

 

人間の目は最初から青い目、茶色の目などがあるわけではなく、ベースはみんな青い目です。この青い目にメラニン色素が加わることで色が濃くなってきます。正確にはメラニン色素が多くなると、光を吸収するために黒くなります。

そのため、メラニン色素が極端に少ない人はそのまま青い瞳になりますし、メラニン色素が少ない人は緑やグレーなどの瞳になります。

逆にメラニン色素が濃い方は黒や茶色などの濃い色の目になる訳です。

 

メラニン色素の量は、人種や住む地域の環境によって変わります。

アフリカや南国など太陽の光が強い国では、目を紫外線から守るために瞳の中にメラニン色素が大量に蓄積され、逆にヨーロッパなど太陽光が弱い国では、さほど紫外線が脅威ではないため、目の中のメラニン色素の量が少なくなっています。

そのため、アフリカや南国などの国ではメラニン色素の量が多い黒系の色の目が多く、逆にヨーロッパでは緑や青など明るい色の目が多くなります。

 

 

欧米人がサングラスをかける訳

日本ではマスクをつける人がやたら多いですが、海外ではサングラスをかける人が多いですよね。

それは地域によって太陽の光の強さが違うというのもありますが、実際に太陽の光を浴びたとき、青い目の人はメラニン色素が少ない分だけ光を感じやすく、メラニン色素の多い黒い目の人よりも眩しく、害も増える訳です。

そのため欧米人はファッションだけでなく実用でサングラスをかける機会が多いんですね。

 

 

青い目は珍しい!

ちなみに外国人は青い目というイメージを持っている方も少なからずいますが、そんなことはありません。

もともと、人間は、青や緑などの明るい目の色は遺伝的に劣性です。それもあって世界的にも日本人と同じダークブラウン~ライトブラウンの瞳の色が一番多くブルーの瞳を持つ人は減っています。

 

 

 

まとめ

目は相手に与える印象が強く、カラコンが多くの人に流行るなど、瞳の色は見た目の中でも重要なものです。

瞳の色は手術で誰でも青い目になれるとか、ベジタリアンになると徐々に瞳の色が薄くなる(青に近づく)という報告もありますが、まだまだ研究が追いつかず、現実的なものではないようです。

どうしても目の色を変えたいという方はカラコンを使うのが安全ですね。



follow us in feedly