Twitterのツイート埋め込みのまとめでブログの記事を書いてみよう

Twitter ブログに埋め込み

ブログを書くテクニックの一つを紹介します。

Twitterのツイートの埋め込み機能を使って、ツイートをまとめたブログの記事を書いてみましょう。

 

Twitterの埋め込みの記事を作る

様々な情報を分かりやすくまとめたブログの記事は一定の需要、価値があります。

NAVERまとめなどが人気なのを見ても明らかですね。

まとめておくと便利な情報は様々ありますが、Twitterのツイートのまとめは初心者でもまとめやすく、作りやすい記事です。

 

やり方は簡単で、まとめたいツイートの埋め込みタグを取得し、自分のブログにまとめるだけです。

ツイートをまとめるだけなら、NAVERまとめやTogetterもありますが、やはり自分のブログで自由にまとめられるというのは大きいポイントです。

 

 

ツイートの埋め込み方

Twitterのツイートをブログに埋め込むには、ツイートの右上の下矢印をクリックし、「ツイートをサイトに埋め込む」でコードを取得、自分のブログのエディタ(記事の作成画面)に貼り付ければOKです。

エディタによっては「HTML」モードにする必要があったり、URLだけで埋め込めたりすることもあります。

埋め込み方がわからない、うまくいかない場合は「自分が使用しているブログ名 + つぶやき + 埋め込み」などで検索してみましょう。

常に流れて行くツイートの中で埋め込みたいツイートを探すには、「ツイッター検索」が便利です。以下のURLから「ツイートの検索」ができます。

 

 

ツイートのまとめが役立つ場面

 

ただ面白いツイートをまとめただけでは面白くありません。

ブログでツイートをまとめる際には「普段、時系列で様々なツイートと混ざって流れていってしまうツイートが一箇所にまとまっている意味」が大事です。

パッと思いつくのは以下のようなまとめです。

 

  • 有名人の名言をまとめる
  • ニュースを始まりから終わりまで時系列に並べる。
  • イベントやライブ、講演の実況や議事録をまとめてイベントレポートやライブレポートを作る。
  • 日々の日記をテーマごとにまとめる
  • 昔ツイートした断片的な情報をまとめる

 

 

 

こうしたまとめはとても役立ちますよね!

例えば名言を集めて名言集を作っておけば、過去の名言を探してスクロールする手間もなくなりますし、その有名人や芸能人のファンにとってとても良いコンテンツになります。

ツイートの埋め込みは引用として処理されるので、よほど悪質な使い方をしない限り自由に使えるのもメリットです。

 

 

 

まとめ

世の中には、ツイートのみで記事を作っている、特殊なメディアもあります。

NAVERまとめやTogetterまとめも似たようなコンセプトのサイトですね。

とても面白い方法だと思います。

 

当サイトでも役立つツイートをまとめた記事があります。

 

記事を書くのが苦手なブロガーさんでもこれなら記事を書きやすいですし、記事を自分でバリバリ書いているブロガーさんも執筆とは違う編集能力が求められるので、定期的に挑戦してみるといいでしょう。

 




follow us in feedly