銀行口座を放置すると預金が没収されるので注意!

銀行口座 没収

突然ですが、あなたは所持している預金口座を全て把握していますか?

銀行ごと手数料やキャンペーン、用途が違うなど、様々な理由から預金口座をついつい増やしてしまう方、いらっしゃると思います。

しかし、実は口座を一定期間ほったらかしにすると、預金を没収されてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

銀行口座は5年放置すると預金が没収!?

長期間、口座にお金の出入りがなく、使われていない口座を「休眠口座」と言います。

そして、この休眠口座のまま5年放置してしまうと、預金者は「銀行から預金を返してもらう権利」がなくなってしまい、預金が全てなくなってしまう可能性があります。

 

これは法律によって銀行預金に時効が設定されているからです。

時効というと、犯罪の時効を思い浮かべる方も多いと思いますが、実際には時効は様々なものに設定されています。

 

お金の支払いにも時効は設定されており、銀行預金は5年です。

5年間銀行口座を使っていないと、時効を迎えてしまい、自分は銀行に預けたお金を返してもらう権利を失ってしまいます(正確には銀行が預かったお金を返す義務がなくなる)。

時効は最初にお金を預けた時点で計算がスタートしますが、途中で入出金があれば、更新され、その時点から計算が始まります。つまり、預金の時効5年とは「最後に入出金をしてから5年」ということです。

 

ちなみに、信用金庫などの協同組合は、銀行よりも長く10年に設定されています。

郵便局 (ゆうちょ銀行)も普通預金は10年です。

 

 

現実的には時効はない!

時効はあくまで法律上のルールで、預金消滅のカウントダウンではありません。

この法律はあくまで銀行に「休眠口座のお金は5年経ったら返さなくて良いよ!」という権利を与えているだけであって、5年経ったら預金を没収しなければならないという義務ではありません。

そのため、現実的には休眠口座であっても、半永久的にそのお金は自由に引き出せる場合が多いです。

 

ですから、5年経ったからと言って、すぐに預金を諦める必要はありません。

中には明確に「休眠口座でも、請求があれば払い戻しをする」=「預金を返す」と明言している銀行もあります。

 

しかし、これはあくまで銀行がこの法律によって得られる権利(預金者にお金を返さなくて良いという権利)を使わないだけです。

言ってみれば、銀行側の善意です。

言うまでもなく、休眠口座となり5年経ったら銀行側にお金を返す義務はありませんし、お金を返すとしても面倒な手続きが必要な場合もあります。

 

この辺は例外もあり、銀行によっても対応は変わりますから、気になる方は銀行に問い合わせするのが良いでしょう。

それ以前に、5年以内に一度は口座を使い、使わない口座はちゃんと解約しておくのが一番ですけどね。

 

 

 

まとめ:使わない口座は解約しよう

せっかく頑張って稼ぎ、貯めたお金がなくなってしまったら本当に悲しいですよね。

そんな残念な事態を防ぐためには、まず自身の銀行口座をきちんと把握し、管理する必要があります。

それぞれの口座の用途や目的をハッキリ決め、口座の整理と管理・維持から始めてみましょう。



follow us in feedly