Apple PayのSuicaはクレジットカード無しで使えるのか?

Apple Pay Suica クレジットカードなし

Apple PayはSuicaだけを登録して使う場合にもクレジットカードが必要なのか解説します。

スポンサーリンク

 

Apple PayのSuicaはクレジットカード無しで使えます

結論から言えば、Apple PayのSuicaはクレジットカード無しで使うことができます。

ただし、登録方法と利用方法に制限があります。

 

 

登録方法の制限

Apple Payにクレジットカードを使わずにSuicaを登録する方法は3つあります。

 

 

既存のSuicaカードをiPhone 7にかざす方法

既に持っているSuicaカードをiPhoneのApple Payに登録すれば、クレジットカードがなくてもApple PayでSuicaを使うことができます。

ただし、登録できるSuicaには制限があり、現状登録できるのは以下の4つです。

  • Suicaカード(無記名式)
  • My Suica(記名式)
  • 通勤定期券、大学の通学定期券
  • 記念Suica

 

一方、登録できないSuicaはこちらです。

  • 中学・高校の通学定期券、こども定期券
  • クレジットカード、キャッシュカード、社員証などと一体のSuica
  • りんかいSuicaなどJR東日本以外で発行されたSuica
  • 改札入場状態のSuica、有効なSuicaグリーン券情報があるSuica
  • 残高19501円以上のSuica

登録できるSuicaは、JR東日本のSuicaエリアの駅でしか入手することができません。

登録できるSuicaが入手できない方は、クレジットカードなしでApple PayのSuicaを使うことはできません。

 

 

Apple Pay対応のプリペイドカードを使う

Apple Payにクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードを登録する方法です。

新しい手続きが必要なことには変わりませんが、プリペイドカードならクレジットカードよりも簡単に発行できるので学生の方にもオススメです。

 

プリペイドカードには様々な種類がありますが、以下の2種類は公式にApple Payに対応しているので、この2種類を使いましょう。

  • ソフトバンクカード
  • auWALLET

残念ながら、docomoには対応するプリペイドカードがありません…

また、プリペイドカードの代わりにデビットカードを登録する方法もあります。が、日本のApple Payはデビットカードに対応していません…

 

プリペイドカードをApple Payに登録したら、クレジットカードと同じようにApple Payが使えるようになるので、そのままSuicaを作ればOkです。

 

 

SuicaアプリからSuicaを発行する方法

Apple Payとは別に、iPhoneにSuicaアプリをダウンロードし、そのアプリからSuicaを発行します。そしてそのSuicaをApple Payに登録すれば、Apple PayでSuicaが使えます。

しかし、SuicaアプリからSuicaを発行するためにはクレジットカードが必要です。

これではほとんど意味ないですよね…

ただ、Suicaアプリはデビットカードも使えるので、デビットカードを登録して使えばいいでしょう。

 

 

 

まとめ

一度Apple Payに登録したSuicaには現金でチャージすることができます。

手元にクレジットカードがない or クレジットカードが使えないけど、Apple PayでSuicaを使ってみたいという方はこれらの方法を使ってみてくださいね!