カード型Suicaにできて、Apple PayのSuicaにできないこと

Apple PayのSuicaのデメリット

Apple PayのSuicaは基本的にカード型Suicaと同じように使えますが、いくつかの制限があります。

場合によっては大きなデメリットになる可能性もあるので注意です。

スポンサーリンク

 

Apple PayのSuica

Apple PayのSuicaはクレジットカードを登録しなくても使うことができます。

しかし、クレジットカードを登録していない場合、Apple PayのSuicaはデメリットも目立ちます。

 

 

券売機などが利用できない

Apple PayのSuicaは、駅の券売機、精算機、チャージ機、改札窓口での、チャージ、精算、切符の購入ができません。

Suicaグリーン券の購入もできません。

理由は単純で、駅の券売機や精算機がApple Payに対応していないためです。

 

ただし、一部のチャージ機、駅窓口ではApple Payに対応しているものもあります。また、コンビニのレジでの現金チャージはできます。

Apple Payにクレジットカードを登録し、その場で残高をチャージできる場合はいいですが、そうでない場合には対策が必要ですね。

 

 

定期券が購入できない

Apple PayのSuicaではみどりの窓口、および券売機で定期券を購入することはできません。

もっとも、Apple Payに限らず、Suicaではみどりの窓口で定期券を買うことはできません。

購入済みのSuica定期券を登録する事はできるので、有効期限が切れる度にSuica定期券を購入し、登録をやりなおして使うことはできます。

 

 

 

まとめ

Apple PayのSuicaはクレジットカードなしでも使うことができますが、クレジットカードがないとデメリットが目立ちますね…

Apple Payを使うメリットが薄れてしまいますが、上記のような利用をする場合は、別途クレジットカードや現金、カード型のSuicaを用意しましょう。