Anker PowerHouse|防災やキャンプに最適な最強のモバイルバッテリー

Anker PowerHouse

防災やキャンプに最適な最強のモバイルバッテリー「Anker PowerHouse」を紹介します。

 

最強のポータブルバッテリー「Anker PowerHouse」

基本的なスペックは以下の通りです。

  • 容量 :14.4V / 434Wh
  • 入力 :DC 16.8V / 7.5A
  • 出力 :DC出力:12V / 10A、AC出力:110V / 1.09A、USB出力:5V / 6A(各ポート最大2.4A)
  • サイズ :約200×145×165mm
  • 重さ :約4.3kg

 

 

圧倒的な大容量

Anker PowerHouseの特徴は何と言っても圧倒的な容量。公式サイトの説明がそのすごさを物語っています。

 

USBポートからスマートフォンを約40回、ACコンセントからノートパソコンを約15回フル充電可能。またキャンピングライトであれば連続約100時間、ミニ冷蔵庫は連続約7時間、TVなら連続約4時間使用が可能です。

 

一般的なモバイルバッテリーだとスマートフォンを1~3回充電できる程度ですが、Anker PowerHouseならなんと40回充電できます。

これはすごいですね。

 

 

スマフォ以外も充電できる

Anker PowerHouseが普通のモバイルバッテリーと大きく違うのは、AC、DC出力に対応しているということです。

簡単にいうと、スマートフォンだけでなく、家にあるパソコンや冷蔵庫などの家電製品でも普通に使うことができるということです。

普通のモバイルバッテリーでは旅行や災害時に持ち出してもスマートフォンやタブレットくらいにしか使えませんが、Anker PowerHouseなら最初から様々な出力、電化製品に対応しているので安心ですね。

 

 

値段も安価…?

お値段は50,000円です。

モバイルバッテリーや防災グッズとして考えるとなかなかいい値段がしますね…

 

 

しかし、そもそもこれほどまでに大容量でかつ一般向けに使いやすくデザインされたバッテリーはなかなかありません。

スペックを考えればそこまで高いわけではありませんし、そもそも何台も購入するものでもないので妥当な値段と言えるでしょう。

Amazonなどで気軽に購入できることも考慮すればむしろ手が出しやすいのではないかと。

 

 

おまけ:HIKAKINさんのレビュー

YouTuberのHIKAKINさんがYouTubeで動画レビューをしています。

サイズ感や実際の質感等を把握できるので、気になる方は見てみましょう!

 

 

 

まとめ

パッと思いつく限りでも、地震や台風などの災害対策(防災グッズ)、車での旅行や車中泊時の電源、キャンプやレジャーでの安全で簡単な電源など様々な使い方ができそうです。

他にもキャンプ等で使える家庭用ソーラーパネルで作った電気の保存先としても活用できます。少々値段は張りますが、一家に一台的な感じで購入しておくと便利ですね。

 

一時期は人気で売り切れていることも多かったですが、今はAmazonで普通に購入できます(タイミングによっては今でも売り切れがあるかもしれませんが…)。

家庭用の小型ソーラーパネルと合わせて使うと、キャンプや非常時に安心で便利な自家発電システムが組めるので、こちらもオススメです。




follow us in feedly