Androidスマフォを高速化させる6つの方法

Android スピードアップ

Androidスマートフォンを少しでも高速化する方法を紹介します。

初心者でも今すぐにできる簡単なものばかりなので、是非試して見てください。

スポンサーリンク

 

初心者向け、Androidを高速化する方法

今回はスマートフォンにあまり詳しく無い方や、Androidを買ったばかりの方でも簡単にできるAndroidの高速化テクニックを紹介します。

ちょっと設定やアプリを変えるだけで、Androidがサクサク動くようになりますよ!

 

 

1.ホーム画面を整理する

まずはAndroidのホーム画面を整理しましょう。

ホーム画面の無駄を省くことがスピードアップの維持に有効です。

 

Androidのホーム画面のライブ壁紙 (動く壁紙)やウィジェットはリソースを消費します。特にウィジェットは操作していないバックグラウンドでもアップデートし続けることがあります。

そのようにプロセッサーの処理速度が落ちている場合や、RAMが不足している場合、画面を切り替えた際にアイコンやウィジェット、壁紙などのリロードに時間がかかり、表示に時間がかかることが起こりますよね。

 

そうした状況を避けるためにも、ホーム画面は無駄なアプリやウィジェットを減らし、いつもキレイに整理しておきましょう。

 

 

2.デフォルト以外のランチャーを使う

Android ランチャー

Androidスマートフォンに搭載されているデフォルトのアプリランチャーはデバイスに合わせた設計をされています。そのため、そのデバイスと相性のいいベストな機能がピックアップされています。

しかし、それが高速化や効率化に役立つかというと別問題です。

 

Google Playストアでは、膨大な数のサードパーティ製ランチャーが提供されており、その多くはAndroidのスピード向上に最適化されています。様々なランチャーがあるのでぜひ色々なランチャーを触り、自分のデバイスや使いたい機能にピッタリのランチャーを使って見てください。

ちなみに、有名でオススメなのは「Nova Launcher」です。

 

 

3.ブラウザを高速なものに変更する

Android端末の標準ウェブブラウザは同じくGoogleが開発したブラウザである「Chrome」です。

Chromeは確かに優秀なアプリ・ブラウザですが、残念ながら非常に多くのリソースを消費するアプリです。

Chromeの設定をカスタマイズし、それを改善するのも1つの方法ですが、Chromeにこだわらないならば、新しいブラウザに切り替えたほうが良いかもしれません。

 

現在、一部のベンチマークテストから「Puffin」が最速のAndroidブラウザであることが明らかになっています。

また、Chromeに近いものが良いならば、「Opera」も良いかもしれません。Operaのデータ圧縮機能は非常に素晴らしく、ページの読み込み速度が大幅に向上します。

 

 

4.効率の悪いアプリをアンインストールする

Android サードパーティ製アプリ

アプリの中には異様に多くの通信や重たい動作を必要とするものがあり、そうした効率の悪いアプリがスマホの速度低下の原因になっています。

有名どころで言うと、SNSアプリの「Facebook」は非常にエネルギー効率が悪く、Android端末を15%ほど速度低下させることも。

こうしたものは公式アプリしか使えないものも多いので、我慢するしか無いものも多いのですが、中には動作が軽量なサードパーティ製アプリがあるものもあります(Facebookにもサードパーティ製があります)。

ですので、気になる方は自分に不要な機能がオミット(除外)されている軽量なサードパーティ製アプリに変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

5.バックグラウンド通信するアプリを停止する

FacebookやTwitterなどのSNSやニュース、天気など、さまざまな種類のアプリが、バックグラウンドでサーバーと自動同期するように設定されています。

しかもこれらのアプリは、非常に高い頻度でオンライン状態になるよう初期設定されている場合も多いです。

このようなアプリを多くインストールしていると、Androidスマフォを一切操作していないにも関わらず、バッテリーがどんどん減ってしまったり、通信量が多くかかったり、1つのアプリしか使用していないのにやたら動作が重たくなったりします。

 

アプリをインストールしたらまず、自動同期などのバックグラウンド通信の有無を確認し、同期をオフにする、手動同期にする、自動同期の間隔を広くするなど設定を変更して工夫しましょう。

 

 

6.デバイスを定期的に再起動させる

これはどんなスマートフォン・パソコンにも言えることですが、Androidスマートフォンは定期的に再起動させましょう。

毎日する必要はありませんが、定期的に再起動することで余計なアプリをシャットダウンしたり、キャッシュを削除したりできます。調子が少し悪くなったり、遅さを感じたら面倒でも一度再起動してみましょう。

また、それでも効果がなければ、出荷時の設定にリセットし、全データを削除すれば調子が良くなる可能性が高いです。

ただし、出荷時の状態に完全リセットする場合は、その前にしっかりデータのバックアップを取るのを忘れないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

全ての項目に言えることは、Androidをシンプルな状態に保てるよう定期的にチェックしようということですね。

Androidを搭載したスマートフォンは様々なメーカーから発売されていることもあり、デフォルトのAndroid端末が必ずしもベストな状態とは限りません。

ここで紹介した技を使えばAndroidのパフォーマンスを手早く向上させることができるのでぜひ試してみてください。