アメックス・プロパーカードの種類、審査について解説

アメックス プロパーカード

アメリカン・エキスプレス・カードのグリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックカードの各ランクや審査について解説します。

スポンサーリンク

 

アメックス・カードのプロパー

アメリカン・エキスプレス(アメックス)はVISAやMasterCardと同じクレジットカードのブランドですが、同時に自社でもカードを発行しています(それをプロパーカードと言います)・

アメリカン・エキスプレス(アメックス)のプロパーカードは全世界で同じデザインを採用しており、またブランド力も高いため、世界的に有名で信頼性が高いカードです。

国際ブランド(アメックス、VISAなど)ではなく、プロパーカード自体が世界的に高い知名度を誇っているのはアメックスくらいのものでしょう。

 

 

アメックスのカードランク

アメックスのカードには以下のようなランクがあります。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラックカード)

このうち最初に申し込むことができるのはグリーンカードとゴールドカードのみであり、プラチナカードとブラックカードはアメックスからのインビテーション(招待)がないと取得することができません。

ちなみにブラックカードの上のランクに「チタンカード」「クリスタルカード」「ホワイトカード」などがあるという噂もありますが、これらは完全にガセです。

 

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードは一番ランクが低いアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)でも、他社のゴールドカードと同等または、それ以上のハイレベルなサービスが受けられることで有名です。

そんなアメリカン・エキスプレス・カードの詳しいメリット・デメリットについて以下で解説します。

 

 

アメックス・グリーンとは?

アメックス・グリーンカード

「アメリカン・エキスプレス・カード」はアメックスの基本的なプロパーカードです。

正式名称が「アメリカン・エキスプレス・カード」であり、そのままだとアメックスのカードの総称なのかこの緑色のカードをさしているのかわからないため、通称で「アメックス・グリーン」などと呼ばれています。

アメックスのグリーン・カードはアメックスのプロパーカードの中では基本的なカードで、20歳以上であれば誰でも申し込むことができます。

 

年会費 12,000円(税抜き)
利用限度額 審査によって決定
ポイント還元率 0.33%~
買い物保険 500万円
ETCカード 初年度無料(次年度540円、年1回以上のETC利用で無料)
家族カード 6,000円。両親、配偶者、子供が対象(例外あり*)
電子マネー 楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica
入会資格 20歳以上で、国内在住、安定した収入のある方。また、クレジットカードやローンの支払いで延滞履歴のない方。

 

 

旅行保険

海外・国内旅行付帯保険です。

掲載当時の情報ですので、実際に利用する可能性がある場合は、条件や金額等を事前にアメックスにご確認ください。

 

  • 死亡・後遺症:最高5,000万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 救援者費用:最高200万円
  • 疾病治療:最高100万円
  • 家族特約:最高1,000万円
  • 携帯品損害:最高30万円(年100万円まで)

 

 

ゴールドカード並みのステータス

アメックス・グリーンは他社のカードのゴールドカード並みのステータスがあると言われています。

実社ゴールドカードと同等のステイタスを持ち、充実したやラウンジの無料利用が可能!

実際、年会費は12,000円と高く、学生向けには発行しないなど、取得するには他社のゴールドカード保有者並みのステータスを求められるカードでもあります。

しかし、その分サービスは充実しており、特に空港のラウンジ利用や海外旅行傷害保険、海外での電話サポートなど、海外旅行関連のサービスは下手なゴールドカードよりも非常に充実しているカードとなっています。

 

 

取得は難しい?

先述通り、確かにアメックスのグリーンはゴールドカード並みにステータスがあり、他社のカードと比べれば取得するハードルは高いと思います。

とはいえ、他社のカードの利用履歴があればニートでも取得できたという噂もあり、アメックスの中では比較的取得しやすいカードになっています。

 

 

 

アメックス・ゴールドとは?

アメックス・ゴールド・カード

アメックスのゴールド・カードは正式名称「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と言います。

アメックスのプロパーカードの中では普通に申し込めるカードの中で最もランクの高いクレジットカードです。

これ以上のカード(プラチナカードやブラックカード)はアメックスからのインビテーション(招待)が必要です。

 

年会費 29,000円(税抜き)
利用限度額 審査によって決定
ポイント還元率 0.33%~
買い物保険 500万円
ETCカード 初年度無料(次年度540円、年1回以上のETC利用で無料)
家族カード 12,000円(1枚まで無料)。両親、配偶者、子供が対象(例外あり*)
電子マネー 楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica
入会資格 25歳以上で、国内在住、安定した収入のある方。また、クレジットカードやローンの支払いで延滞履歴のない方。

 

 

旅行保険

海外・国内旅行付帯保険です。

掲載当時の情報ですので、実際に利用する可能性がある場合は、条件や金額等を事前にアメックスにご確認ください。

 

  • 死亡・後遺症:最高1億円(国内は5,000万円)
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 救援者費用:最高400万円
  • 疾病治療:最高300万円
  • 家族特約:最高1,000万円
  • 携帯品損害:最高50万円(年100万円まで)
  • 海外乗り継ぎ遅延補償:最高2万円
  • 海外出向遅延・欠航不能費用:最高2万円
  • 受託手荷物遅延:最高2万円
  • 受託手荷物紛失:最高4万円
  • ショッピングプロテクション(キャンセル・オンライン補償他)

 

 

ゴールドカードのステータス

アメックス・ゴールドは他社のゴールドカードと比べても高いステータスがあります。特に一部の年齢層の方にとってはかなり「効く」カードだと思います。

サービスも充実しており、特に海外旅行関連のサービスは最高1億円の海外旅行傷害保険や空港便の遅延補償が付帯、空港ラウンジや荷物の配送も無料で他社のサービスと一線を画すレベルです。

その分、年会費は29,000円と高いですが、20代でも25歳以上であれば発行できるなどしっかりと仕事をしていれば案外、簡単に取得できるカードです。

 

また、世界的にも有名なプラチナカードである、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を取得するためには、原則アメックスからの招待を受けないといけないので、将来的にプラチナカード、ブラックカードが欲しい方はまずこのカード(グリーンでも良いですが)を取得しなければなりません。

 

 

取得は難しい?

先述通り、25歳以上で安定した収入があれば発行されます。ですので、新卒の働き始めの方などは難しいでしょうが、そこまで難易度が高いカードではありません。

また、最初にアメックスのグリーンを利用していれば特に審査は通りやすいでしょう。

 

 

 

アメックス・プラチナとは?

アメックス・プラチナ・カード

アメックスのプラチナ・カードは正式名称「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」と言います。

アメックスのプロパーカードの中ではインビテーション(招待)がなければ取得できないカードの一つです。

 

年会費 130,000円(税抜き)
利用限度額 審査によって決定
ポイント還元率 0.33%~
買い物保険 500万円
ETCカード 初年度無料(次年度540円、年1回以上のETC利用で無料)
家族カード 4名まで無料。両親、配偶者、子供が対象(例外あり*)
電子マネー 楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica
入会資格 アメックスからインビテーション(招待)を受けた方

 

 

旅行保険

海外・国内旅行付帯保険です。

掲載当時の情報ですので、実際に利用する可能性がある場合は、条件や金額等を事前にアメックスにご確認ください。

 

  • 死亡・後遺症:最高1億円
  • 国内入院:日額5,000円(通院3,000円)
  • 手術費用:最高20万円
  • 賠償責任:最高5,000万円
  • 救援者費用:最高1,000万円
  • 疾病治療:最高1,000万円
  • 家族特約:最高1,000万円
  • 携帯品損害:最高100万円(年100万円まで)
  • 海外乗り継ぎ遅延補償:最高2万円
  • 海外出向遅延・欠航不能費用:最高2万円
  • 受託手荷物遅延:最高2万円
  • 受託手荷物紛失:最高4万円
  • 個人賠償保険:最高1億円
  • ショッピングプロテクション(キャンセル・オンライン補償他)

 

 

プラチナカードのステータス

アメックス・プラチナはインビテーションがなければ取得できません。そのため、取得はもちろん、申し込みすら一部の人しかできません。

そのためステータスは非常に高いカードといえます。

 

 

取得は難しい?

アメックスのプラチナカードは他のカードのようにアメックスのウェブサイトなどから申し込むことはできません。

アメックスのプラチナ・カードを取得するには、アメックスからインビテーション(招待)をもらう必要があります。

そのためにはまず、アメックスのグリーン・カード、ゴールド・カードを取得し、利用実績を積み重ねていかなければなりません。

そのためすぐに取得することは難しく、ハードルは高いと思います。

 

プラチナ・カード・インビテーションの条件とは?

プラチナ・カードの取得条件(招待がくる条件)は非公開となっています。

しかし、所有者の属性を見る限り、以下のような方にはインビテーションがくる可能性が高いです。

  • 年収平均600~800万円以上
  • 水道、光熱費などの定期的な支払いを含め、年間100万円~200万円、平均4年前後アメックス・カードの利用がある
  • カードを取得してから、最低1年以上の利用と高額利用(800万円以上)の実績がある
  • アメックスで1,000万円前後の大きな買い物をする

 

取得の条件によくあげられるものでは、一般的に見て高い属性の会社員、水道代など毎月定額の決済をアメックスで行う、とにかく高額決済するなどがあげられますね。

 

上記の項目の一つでも満たせる自信があるなら、プラチナ・カードの取得は十分現実的です。

クレヒス(利用実績)を積み上げ、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの取得を目指してみましょう。

 

ちなみに、他のホルダー(プラチナカードや後述するブラックカード所有者)からの紹介があれば、ゴールドカードをスキップしていきなり申し込める可能性もあります。

しかし、どちらにせよ審査が有利に運ぶわけではありません。

 

 

金属製カード

以前から後述するセンチュリオン・カード(ブラックカード)には金属製(チタン製)のカードがありましたが、最近、プラチナカードも金属製になったようです。

現状、アメリカで発行されたアメックスだけのようですが、今後日本でも金属製のカード(メタルカード)に切り替わると思われます。

  

 

アメックス・ブラックとは?

アメックス・センチュリオン・カード

世界で最初のブラックカードで、ブラックカードと言えばこのカードを指すこともあります。

アメックスのブラック・カードは正式名称「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」と言います。

「センチュリオン」とはアメックスの額面に描かれている特徴的な兵士・百人隊長のことです。

世界的に有名なブラックカードで、アメックスからのインビテーション(招待)がなければ取得できないカードです。

 

年会費 350,000円(税抜き)・入会金540,000円
利用限度額 審査によって決定
ポイント還元率 0.33%~
買い物保険 500万円
ETCカード 初年度無料(次年度540円、年1回以上のETC利用で無料)
家族カード 無料。配偶者にはセンチュリオン、それ以外にはプラチナカード。
電子マネー 楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica
入会資格 20歳以上で、アメックスからインビテーション(招待)を受けた方。

 

 

旅行保険

海外・国内旅行付帯保険です。

掲載当時の情報ですので、実際に利用する可能性がある場合は、条件や金額等を事前にアメックスにご確認ください。

 

  • 死亡・後遺症:最高1億円
  • 国内入院:日額10,000円(通院6,000円)
  • 手術費用:最高20万円
  • 賠償責任:最高1億円
  • 救援者費用:最高1,000万円
  • 疾病治療:最高2,000万円
  • 家族特約:最高1,000万円
  • 携帯品損害:最高50万円(年100万円まで)
  • 海外乗り継ぎ遅延補償:最高3万円
  • 海外出向遅延・欠航不能費用:最高3万円
  • 受託手荷物遅延:最高3万円
  • 受託手荷物紛失:最高6万円
  • 個人賠償保険:最高1億円
  • 通貨盗難補償 最高10万円
  • 海外レンタカー保険
  • ショッピングプロテクション(キャンセル・オンライン補償他)

 

 

究極のステータス

アメックス・ブラックは会員一人につき一人専任の電話コンシェルジュがつきます。

「ホテルを予約してほしい」「航空券を取ってほしい」「病院を探してほしい」など、秘書のように要望に答えてくれます。

 

 

取得は難しい?

先述通り、アメックスのブラックカード「センチュリオン・カード」はアメックスからのインビテーションが必要です。

センチュリオンのインビテーションは、最低年収1,000〜1,500万円以上と言われています。また、カードの年間利用額は平均500万円以上とされており、場合によっては年1,500万円の利用で、ようやくアメックスからインビテーションが届いたという声もあります。

つまり、車や家、船などをアメックスで決済したということですね。買い物を全てアメックスで済ませたとしても、多くの方では手が届かない水準です。もちろん、水道代や光熱費など、日々の定期的な支払いをアメックスで支払っているかも重要な指標になりますので、ただ高額決済をすればいいというわけでもありません。

プラチナカードまでは、一般的な給与水準でも決済をアメックスに集中していれば手に入る水準であるため、20代でも取得が現実的であるのに対し、センチュリオン・カードはかなり厳しいですね。

 

 

 

カードのランクを上げる方法

グリーンカード、ゴールドカードは誰でも直接申し込むことができますが、プラチナカードとブラックカードはアメックスからの招待や、カード所有者からの紹介が必要です。

ですので、アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードやブラックカードを目指す方は利用実績をコツコツと貯めて、上位カードを狙う方法が一般的です。

 

まずはグリーンカード、ゴールドカードを取得しましょう。収入が少ない方や20代の方でも、グリーンであればそこまで難易度も高くないです。

取得したらあとは上位のカードを狙って、コツコツと実績を積み重ねることが大切です。定期的な支出も不定期な支出も全てアメックスで利用し、「優良顧客」になりましょう。

支払いを滞納したりしなければ、ゴールドカードの取得は難しくありません。家賃や携帯料金、光熱費の支払いなど、毎月の支払いをアメックスですれば、若くてもすぐにゴールドカードを入手することができるでしょう。

毎月の支払いをアメックスで済ませ、家電や車など高額決済を定期的にすればプラチナもそこまで難しくありません。

要はアメックスをたくさん使ってくれればそれだけカードのランクが上がるということですね。

 

しかし、ブラックカード(センチュリオン・カード)は難しいです。ブラックカードもアメックスでたくさん買い物をする必要があることには変わりないのですが、何百万、何千万という買い物をしなければいけません。そのような額は普段の買い物ではどうしても無理です。ですので、事業費や車、家などもアメックスで決済する必要が出てくるでしょう。それでも取得できるかどうかは難しいレベルです。

プラチナカードとブラックカードの間にはかなり厳しいハードルがありますね…

 

 

 

アメックスの家族カード

アメックスの公式サイトでは、「家族カードのご入会資格は、配偶者、ご両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等です。」と書かれています。

しかし、「等」と書かれていることからもわかる通り、例外があります。

アメックスの家族カードの発行条件は非常にリベラルで、事実婚、同性婚、内縁の妻、育ての親、さらには婚約者にまで家族カードの発行ができます。

基本的に、自分が家族と思う相手なら誰にでも家族カードを発行できるようになっているので、法律や日本の常識的には家族と言えない相手にカードを発行したい場合は、諦めず、一度問い合わせてみましょう。

 

 

 

まとめ

アメックスのプロパーカードは非常にシンプルでわかりやすくカードの色でランクが分かれています。

プラチナの知名度は少々低いですが、アメックスゴールドは未だに「お金持ちのカード」としてのイメージを強く思っている方が多いですし、ブラックカードの価値は未だかなり高いです。

コレクションする価値も高いと思うので、興味のある方はプロパーカードのランクアップに挑戦してみてはいかがでしょうか?