アメックスのブラックカード「センチュリオン・カード」の年会費や取得方法

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

アメックスのブラックカードにして世界最高峰のクレジットカードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の年会費や取得方法、特徴などを紹介します。

 

アメックス・センチュリオンとは?

「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」は世界で最初のブラックカードで、ブラックカードと言えばこのカードを指すこともあります。

 

アメックスのブラック・カードは正式名称「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」と言います。

「センチュリオン」とはアメックスの額面に描かれている特徴的な兵士・百人隊長のことです。

 

世界的に有名なブラックカードで、アメックスからのインビテーション(招待)がなければ取得できないカードです。

 

 

センチュリオン・カードの基本情報

年会費やポイント還元率は以下の通りです。

年会費 350,000円(税抜き)・入会金540,000円
利用限度額 審査によって決定
ポイント還元率 0.33%~
買い物保険 500万円
ETCカード 初年度無料(次年度540円、年1回以上のETC利用で無料)
家族カード 無料。配偶者にはセンチュリオン、それ以外にはプラチナカード。
電子マネー Apple Pay、楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica
入会資格 20歳以上で、アメックスからインビテーション(招待)を受けた方。

 

 

旅行保険

海外・国内旅行付帯保険です。

掲載当時の情報ですので、実際に利用する可能性がある場合は、条件や金額等を事前にアメックスにご確認ください。

 

  • 死亡・後遺症:最高1億円
  • 国内入院:日額10,000円(通院6,000円)
  • 手術費用:最高20万円
  • 賠償責任:最高1億円
  • 救援者費用:最高1,000万円
  • 疾病治療:最高2,000万円
  • 家族特約:最高1,000万円
  • 携帯品損害:最高50万円(年100万円まで)
  • 海外乗り継ぎ遅延補償:最高3万円
  • 海外出向遅延・欠航不能費用:最高3万円
  • 受託手荷物遅延:最高3万円
  • 受託手荷物紛失:最高6万円
  • 個人賠償保険:最高1億円
  • 通貨盗難補償 最高10万円
  • 海外レンタカー保険
  • ショッピングプロテクション(キャンセル・オンライン補償他)

 

 

マイル提携

  • ANA
  • クリスフライヤー
  • クラブミッレミレア
  • ダイナスティ・フライヤープログラム
  • フライング クラブ
  • スカイマイル
  • ロイヤルオーキッド+アジア・マイル
  • エグゼクティブ・クラブ
  • SAS Euro Bonus

ANAのみ、参加年会費5,000円(税抜)が別途必要です。

 

 

 

センチュリオンならではのサービス

もともとアメックスは旅行関連のサービスが優れていますが、センチュリオン・カードは中でも富裕層向けのサービスが多く、非常にハイレベルなサービスが多いです。

 

 

メンバーシップ・リワード・プラスが無料

メンバーシップ・リワード・プラスはアメックスのポイント・プログラムです。

これに加入すると、ポイント交換の還元率がお得になります。

通常、メンバーシップ・リワード・プラスへの加入は3,000円かかりますが、センチュリオン会員なら無料です。

 

 

カード限度額無し

センチュリオン・カードは「限度額無し」と言われることもありますが、これは無限に使えるというわけではありません。

アメックスの「限度額なし」とは「無限に使える」というわけではなく、「一律の限度額がない」ということです。

 

アメックスのセンチュリオン・カードには一律の限度額はなく、カード保有者の利用実績に合わせた限度額が設定されます。

そのため、カードの利用実績が乏しければ限度額が特別高くなるということはないですし(それでも一般的なカードよりは圧倒的に高いでしょうが)、逆に利用実績がよければ非常に高い限度額が設定されます。

 

 

コンシェルジュ・サービス

「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の特徴・特典としてよく言及されるのが専属のコンシェルジュサービスです。

アメックス・センチュリオンは会員一人につきセンチュリオン専任の電話コンシェルジュがつきます。

 

アメックス自体は公にしておらず、あくまでホルダー(保有者)の発言でしかありませんが、

  • アイドルのコンサートチケット取っておいて
  • ハワイに行きたいから旅行プランを立ててチケットを取って
  • 友達が誕生日だから花束を贈っておいて
  • 体調が悪いから病院を手配して

などといった要望を秘書のように聞いてくれるそうです。

また、通常のホテルや飛行機だけでなく、予約が困難な高級旅館や高級レストラン、他にも人気アーティストのチケットなどが取得できます。

 

基本的にその料金はホルダー(所有者)が負担しますが、ある程度までは年会費の間でこなしてくれるそうです。

 

 

 

センチュリオンの追加カード

センチュリオン・カードにはチタンカードやACカードもあります。

それらについて解説します。

 

 

チタンカードとは?

アメックス・センチュリオンにはチタンカードもあります。

名前の通り、チタン製のカードですね。

一部では「ブラックカードのさらに上のチタン製カード」と言われることもありますが、それは誤りで、チタン製カード単に2枚目のカードです。

 

アメックスのセンチュリオンの場合、最初に送られてくるのはプラスチック製のカードで、その後チタン製のカードを無料で申し込めるという形です。

 

世の中にはグレードが高いクレジットカードになるとチタン製しかないクレジットカードもありますが、アメックスの場合はプラスチックとチタン製の2種類を用意しているということですね。

好みや用途に合わせて選べる嬉しい仕様ですね。

 

ちなみに、最近はプラチナカードも金属製になりました。

 

 

ACカードとは?

センチュリオン・カードにはACカードと呼ばれるものもあります。

アディショナル・カードの略で、日本のアメリカン・エキスプレスではセカンドセンチュリオンと呼称しています(ちなみにプラチナ・カードにもACカードがあり、そちらは「セカンドプラチナ」と呼ばれます)。

 

ACカードはアメックスの追加カードで、カード番号も違い、予備のカードとして使えます。

センチュリオンの場合は、アメックス・グリーン、アメックス・ゴールド、アメックス・プラチナの中から1枚のACカードを選べます。

 

 

ビジネスカードとは?

アメックス・ビジネス・カード センチュリオン

画像引用元:The Points Guy

アメックスのクレジットカードは通常(グリーン)、ゴールド、プラチナに仕事の決済専用のビジネスカードがありますが、ブラックカードであるセンチュリオンカードにもビジネス用のクレジットカードがあります。

こちらはチタン製カードやACカードのように通常のセンチュリオンカードに付帯するものではなく、あくまで別物です。

ビジネス・カードは仕入れや経費の支払いに使えるといった特徴があります。

 

 

 

取得は難しい?

先述通り、アメックスのブラックカード「センチュリオン・カード」はアメックスからのインビテーションが必要です。

センチュリオンのインビテーションは、最低年収1,000〜1,500万円以上と言われています。

また、カードの年間利用額は平均500万円以上とされており、場合によっては年1,500万円の利用で、ようやくアメックスからインビテーションが届いたという声もあります。

 

つまり、車や家、船などをアメックスで決済したということですね。買い物を全てアメックスで済ませたとしても、多くの方では手が届かない水準です。もちろん、水道代や光熱費など、日々の定期的な支払いをアメックスで支払っているかも重要な指標になりますので、ただ高額決済をすればいいというわけでもありません。

プラチナカードまでは、一般的な給与水準でも決済をアメックスに集中していれば手に入る水準であるため、20代でも取得が現実的であるのに対し、センチュリオン・カードはかなり厳しいですね。