Amazon Mastercardゴールドのメリット・デメリット

Amazon Mastercard ゴールドカード

Amazonが三井住友カード株式会社と提携して発行しているゴールドカード「Amazon Mastercardゴールド」のメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク

 

Amazon Mastercardゴールドとは

Amazon Mastercardは三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

Amazonのクレジットカードは通常カードの「Amazon Mastercardクラシック」とゴールドカードの「Amazon Mastercardゴールド」の2種類があります。

この記事ではゴールドカードの「Amazon Mastercardゴールド」について解説します。

 

 

Amazon Mastercardゴールドの特徴

Amazon Mastercardゴールドは年会費10,800円を支払えば作ることができます。

ゴールドカードならではの特徴とメリットは主に4つです。

  • 年会費10,800円
  • Amazonプライム特典が使い放題(無料でプライム会員になれる)
  • Amazonで買い物した際の還元率が1.5%→2.5%にアップ
  • 国内・海外旅行に最高5000万円の傷害保険が自動付帯

 

これらを踏まえて、Amazon Mastercardゴールドについて考えましょう。

 

 

年会費

Amazon Mastercardゴールドを取得すると、Amazonプライム会員にもなれます。

プライム会員(年間3,900円)の特典がつくわけですから、実質ゴールドカードの年会費は6,900円ですね(10,800-3,900=6,900)。

さらに「マイ・ペイすリボ」に登録すると年会費が半額の5,400円、と「WEB明細書サービス」を使うと次年度の年会費が1,080円割引となります。

そのため、合計6,480円(割引)+3,900円(プライム会員分)で10,380円分が実質割引となり、2年目以降、年会費は420円で使えます。

 

もっとも、必ずAmazonプライムを使うという方からすれば年会費にAmazonプライム代金が含まれてお得ですが、必ずしもプライム会員になるわけではないという方からすれば、それも大きなデメリットになる可能性があります。

また「マイ・ペイすリボ」はリボ払いですが、毎月の支払額を確実に一括払いになる金額(クレジットカードの限度額にすればOK)にすれば手数料はかかりません。

それでも無料のクレジットカードや格安ゴールドカードが溢れる最近ではお高めの設定です。

 

そして、Amazonで買い物した際の還元率が1.5%から2.5にアップしています。ちなみにクラシックカードもプライム会員になれば還元率が2.0にアップします。

通常の買い物時の還元率はクラシックカードと変わらず1%のままです。

 

 

旅行保険

ゴールドカードになると、国内・海外旅行保険が自動付帯します。これは通常カードの「Amazon Mastercardクラシック」にはない特典です。

海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 300万円(1事故の限度額)
携行品損害 50万円(自己負担:1事故につき3,000円)(1旅行中かつ1年間の限度額)
賠償責任 5,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 500万円(1事故の限度額)
海外旅行傷害保険注記 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
国内旅行保険
死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 (1)入院保険日額 5,000円
(2)通院保険金日額 2,000円
(3)手術保険金 最高20万円
国内旅行保険注記 ※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等の当該カードでのお支払い有無により最高補償額が異なります。
その他付帯保険
その他付帯保険 ショッピング補償(動産総合保険) 最高300万円(自己負担:1事故につき3,000円)

 

Amazon Mastercardゴールドは国内・海外旅行保険共に、かなり良い条件です。

この辺りはさすがゴールドカードといった感じですね。自動付帯な点も嬉しいポイントです。

正直、旅行保険目当てに申し込むには年会費が高く感じます。後述しますが、普段からAmazonプライムを利用している方など、このカードをAmazonでお得に使える方ならば、かなり好条件の旅行保険と考えていいでしょう。

 

 

審査は厳しいのか?

Amazon Mastercardゴールドの審査は三井住友が行なっています。

そのため、審査難易度は甘くはないですが、社会人として毎月安定収入を得ている方であれば難しくないでしょう。

もし新卒の方やフリーランスの方、クレヒス(クレジットカードの利用実績)が乏しい方・あまりよくない方は通常カードのAmazon Mastercardクラシックを申し込むといいでしょう。

 

 

 

まとめ

年会費は少々高めですが、各種サービスに登録することで半額以上安くなりますし、加えてAmazonプライムを使っている方(これから使う方)であれば実質420円で使えますからかなりお得なクレジットカードです。

 

あとは自分がどれだけAmazonで買い物するかですね。年会費が420円だと考えると、最低でも年間84,000円の買い物をしないと、年会費無料のAmazon Mastercardクラシックよりお得になりません。

Amazonで年間84,000円ということは、月間7,000円です。日用品を定期的に買っている方なら簡単に達成できる金額ですね。

もっともこの金額(損益分岐点)はプライムの有無をどう計算するか(捉えるか)によっても変わるので、注意が必要です。

 

そんなわけで、日常的にAmazonとAmazonプライムを使っている方には非常にオススメできるクレジットカードです。

逆にAmazonで年間84,000円の買い物をせず、またAmazonプライムも使わないという方は、旅行保険等を考慮しても特にメリットがないので、通常カードの「Amazon Mastercardクラシック」をオススメします。