Amazonギフト券の有効期限に注意|期限切れでも使えるようにする方法 (2017年版)

Amazon ギフトカードの期限

Amazonのギフトカードには有効期限が設定されています。

いざ使おうと思った時に有効期限が切れていては困りますから、しっかりと確認しましょう。

また、合わせて期限切れのAmazonギフト券を再び使えるようにする方法も紹介します。

 

Amazonギフト券にも有効期限はあります

Amazonギフト券 (Amazonのギフトカード)には有効期限があります。

メールタイプのAmazonギフト券なんかだと、メールボックスの中で他のメールに埋もれて見落としてしまい、うっかり有効期限を切らしてしまうといったことも起こりやすいです。

Amazonにはマニアックな品だけでなく、日用品など非常に多くの商品がありますから、Amazonギフト券を無駄にしてしまうということは現金をドブに落としてしまうようなもので非常に勿体無いですよね。

残念な思いをしないように、Amazonギフト券の有効期限はしっかりと確認しておきましょう。

 

 

ギフト券のタイプ別有効期限

Amazonギフト券は発行日によって有効期限が異なります。

 

2017年4月24日以降

Amazonギフト券は、ギフト券のタイプに関係なく、有効期限は一律10年です。

 

2017年4月24日以前

ギフトカードの種類 有効期限
カードタイプ 1年
印刷タイプ 1年
Eメールタイプ 1年
グリーティングカードタイプ 1年
ボックスタイプ 1年
法人向ギフトカード 2年
シートタイプ 3年

 

基本的に「有効期限は1年」と思っていれば間違い無いですね。

この中でもやはり多く見かけるのは、コンビニ等で売られている「カードタイプ」でしょうか?

 

↑こんなの。

 

 

有効期限が切れても復活できる

Amazonのギフトカードの有効期限が切れても、落胆しないでください。Amazonに問い合わせれば、有効期限が切れたギフトカードも使えるようにしてくれます(1枚につき1回、1年間期限を伸ばしてくれる)。

有効期限が切れてしまっても捨てずに、まずはAmazonのカスタマーセンターから問い合わせてみましょう。

 

とはいえ、これは規約などで保証されたものではないので、Amazon側が善意に近い形で実施してくれている対応と思われます。

「期限が延長できるなら実質無期限だ!」というようなことではありません。あくまで本当に不可抗力で有効期限を切らしてしまった場合のみ連絡するようにしましょう。

また、繰り返しますが規約等で保証されているわけではないので、連絡しても対応してもらえない場合もあります。

 

あくまで、「有効期限が切れてもこうすれば良い!」という話ではなく、「有効期限が切れてもすぐには諦めないで!」というレベルの話です。

 

 

 

まとめ

Amazonのギフトカードには様々なタイプがありますが、一部を除き、基本的に有効期限は10年となっています。

これだけ期間があれば、まずうっかり有効期限を切らしてしまうことはないでしょう。

とは言え、うっかり忘れてしまわないように、もらったら即Amazonのアカウントにチャージしておき、購入時に忘れないようにしておくのがオススメです。

 

 

世の中にはAmazonのギフトカードを現金化する方法もありますが、額面よりは下がってしまいますし、Amazonは日用品なども普通に売っているので急用で現金が必要な場合等を除き、基本的には有効期限に気をつけながらAmazon内で使い切った方が特でしょう。



follow us in feedly