アフィリエイト収入の確定申告が必要な人の条件

アフィリエイトと確定申告

アフィリエイトで収入が発生したら確定申告/納税はどうしたらいいのか?

そもそもいくら稼いだらアフィリエイト収入を確定申告/納税しなければならないのか解説します。

 

アフィリエイトの税金

アフィリエイトの収入にも当然、税金がかかります。

最近ではアフィリエイトも認知され始め、税理士や税務署の職員の中にもアフィリエイトをある程度理解している方も増えてきました。

しかし、アフィリエイターやプロブロガーといった仕事はまだまだ一般の知名度は低く、確定申告を始めとする税務に関しては曖昧かつ不明な点が多いようです。

また、アフィリエイトをやっているブロガーやアフィリエイターが税金に詳しくないケースも多いです。

 

そこで今回はアフィリエイトの収入がどの程度あれば税金を納めなくてはいけないのかを紹介します。

当てはまっているにもかかわらず、確定申告をしないと脱税です。アフィリエイトならバレないだろうと考えて脱税する方もいますが、見つかっていないのは運がいいだけで、税務署が探ればすぐにバレます。しかも、今後はマイナンバーによってより補足が容易くなります。

様々なASPや口座を使っている方は計算も大変でしょうが、漏れがあっても脱税なのでしっかり確定申告しましょう。

 

 

確定申告の必要性

アフィリエイトで収入を得ているといっても、その額はさまざまでしょう。

実際、月の収入がに1000円から1000万円まで幅広くいるのが、アフィリエイターの特徴の一つでもあります。

 

では、実際にアフィリエイトでいくら収入を得たら確定申告が必要なのでしょうか。

まず前提として収入と所得の違いを学びましょう。

  • 収入:得た金額
  • 所得:収入から経費を引いた金額

アフィリエイトの場合、サーバー代やドメイン代などが経費として認められることが多いようです。詳しくは税理士にや税務署に聞いてみましょう。

 

 

確定申告の必要がない場合

 

アフィリエイト等の所得が年間20万円以下の給与所得者

  • 1カ所から給与所得*を受け取っている
  • 年収が2,000万円以下の給与所得者
  • アフィリエイト等の副業の総所得が年間20万円以下

 

以上のような方は確定申告をする必要はありません。

*アルバイトや会社員の給料等が給与所得に該当します。

 

 

アフィリエイト等の年間所得の合計が38万円以下の方

  • 収入がアフィリエイト等のみ (給与所得がない)
  • アフィリエイト等の総所得が年間38万円以下

 

このような方も確定申告は必要ありません。

専業主婦やアルバイトをしていな学生、ニートの方など給与所得がない方は基礎控除が38万円なので、38万円の所得は全て控除され、税金を支払う必要はなくなります。

 

 

不定期の給与所得とアフィリエイト等の年間所得の合計が38万円以下の方

  • 給与所得とアフィリエイト等の所得を合わせて38万円以下の方

 

単発のアルバイトや派遣など、不定期で給与所得がある場合、給与所得とアフィリエイト等で得られた所得の合計が38万円以下ならば確定申告は不要です。

 

 

確定申告をする必要のある人

逆に確定申告をする必要があるのは上記以外の場合です。

つまり、

  • 2,000万円以下の給与所得があり、アフィリエイト等の副業で20万円以上の所得がある方
  • 給与所得やアフィリエイト等の所得を合わせて38万円以上の方

 

 

 

まとめ

アフィリエイトは所得が計算しづらいものですが、しっかり計算して確定申告をしましょう。

 

ちなみにアフィリエイトの所得は基本的に雑所得になるそうです。これはアフィリエイトが副業の場合や額が少ない場合、収入が不安定な場合が多いためです。

とはいえ、この辺は税務署の判断にもよりますし、アフィリエイトが本人にとって本気(本業)なのか副業なのかも明確な基準はありません。

ですから、アフィリエイトの所得をどのような扱いで申告するのかも含めて、しっかり事前に調べておきましょう。



follow us in feedly