小規模なアフィリエイトサイト量産の稼ぎ方とメリット・デメリット

小規模アフィリエイトサイト

小規模なアフィリエイトサイトを量産して稼ぐ方法とメリット・デメリットを解説します。

 

小規模なアフィリエイトサイトの量産

ここでいう小規模なアフィリエイトサイトとはページ数が20~30ページくらいのサイトのことです。

ページ数が20~30ページくらいのサイトを量産し、アフィリエイトで稼ぐ手法になります。

 

 

稼ぎ方

この稼ぎ方では、ただサイトを量産するだけではありません。大切なのは、「同じテーマでサイトを量産する」ということです。

まず、様々なテーマでサイトを量産します。そして、サイトが上位表示され収益が発生するサイトができたら、稼げるようになったサイトと同じテーマでサイトをさらに量産します。

特定のキーワードで、量産したサイトが全てGoogleで上位表示されるようになれば、特定のキーワードの検索結果の上位を独占し、大きな収益を発生させることができます。

なるべく小規模なサイトでも上位を独占できるよう、ニッチなテーマで効率よくサイトを量産することが大事です。ドメインは全て別のドメインにし、内容もしっかり書きわけるのが大事です。

 

 

メリット

メリットは効率よく稼げるということです。

複数サイトを作ると言っても、テーマやキーワードは同じですし、大事なのはうまく書き分けて上位表示できるかという点だけです。

同じテーマを書き続けることでそのテーマの記事が書きやすくなり、また量産は慣れてくれば簡単なので効率化が鍵ですね。

 

 

デメリット

デメリットは何と言っても「稼ぐづらくなってきている」ということです。

致命的なデメリットですね。

これはどういうことかというと、かつてはキーワードをうまく狙い、テーマを絞った専門サイトを作れば、20~30記事程度の小規模サイトでもGoogleで上位表示が可能でした。

しかし、最近では内容が雑多でも大規模なまとめサイトやキュレーションサイト、個人ブログのページが上位表示されるようになってきています。

小規模なサイトではなかなか上位表示が難しい段階に入ってきているということですね。

今後、小規模サイトで検索上位を独占するという稼ぎ方はライバルが強くなってきたことで厳しい戦いになるのかもしれません。

 

 

 

まとめ

雑多なサイトでも良い記事であれば上位表示するようになってきているということですね。

nanapiや個人ブログのような様々なテーマがあり、記事数の多いサイトが今後は稼ぎやすくなるのかもしれません。

[関連記事]







Instagram