大規模なアフィリエイトサイトを作る際の注意点やポイント

大規模サイト

ホワイトSEOの王道な戦略としてページ量産型のアフィリエイトがあります。テーマを絞り、サイトを立ち上げたらそのテーマに関する記事をひたすら書いて追加していく手法です。

すなわち大規模なアフィリエイトサイトを作ることがホワイトSEOの王道な手法となります。そんな大規模なアフィリエイトサイトを作る際の注意点やポイントを紹介します。

 

大規模サイトの定義

どこからが大規模サイトなのかという点ですが、特に組織や外注を使わずにやっている個人アフィリエイターならば1,000ページくらいあれば大規模サイトと言えるのではないのでしょうか。

ブロガーで1,000記事を超える人はちらほら居ますが、テーマを絞ったアフィリエイトサイトで1,000ページとなると結構ハードルが高いと思います。もちろんテーマにもよりますが…

 

 

大規模サイトでもクオリティはしっかり保つ

大規模なサイトを作る際も、1記事1記事のクオリティを保つことは非常に重要です。中身のない記事が大半で、濃い記事は10記事ほどというならばいっそ、10記事の小規模サイトの方がいいと思います。

単純に記事数を増やせばアクセスが増える、稼げるというわけではないのでその点は注意してください。

 

 

テーマがブレないように気をつける

大規模なサイトになると、自然とサイトのテーマも広がってくると思います。

例えば「脱毛」で1,000ページは出来るかもしれませんが、「ヒゲ脱毛」だけで1,000ページは厳しいと思います。逆に、「お肌の手入れ」「身だしなみ」とテーマを広げれば1,000ページも楽になると思います。

1つのブログに集中して記事を更新しているブロガーの方の中には記事が1,000ページ以上ある方も珍しくありません。それは記事が雑多ゆえでしょう。

テーマは一般的に狭い方が良いと言われていますが、一概にテーマを絞った方が良い、広げた方が良いとは言えないので、大規模サイトのテーマは他に持っているサイトや広告の種類などを見ながら決めましょう。

一番問題なのはサイトを大規模にするためにじわじわテーマを広げてしまい、最終的には雑多なサイトになってしまうことです。それだけは避けましょう。

 

 

とにかく構造化

大規模なサイトを作る上で一番気をつけたいのはとにかく構造化をしっかりするということです。

上質な記事をとりあえず1,000記事突っ込むだけではダメです。

サイトの構造をしっかり整えることはサイトを見やすくし、目的の情報を探しやすくするということです。そうすれば訪問別PVもあがり、サイトのクオリティが何倍にもあがります。

ページ数が少なければサイトマップや目次を作るだけで十分なのですが、記事数が1,000ページにもなってくるとそれも難しいでしょう。もちろんできるならば1,000記事全て見やすくリンクを並べ、サイトマップを作れれば良いのですが、労力はそれなりにかかります。

 

構造化の基本はカテゴリーをしっかり設定することです。今、多くのブログサービスやWordPress、Movable Typeにはカテゴリー機能があります。1記事1記事内容を考えサイトマップを作るのは難しいですが、カテゴリーなら分けやすいでしょう。

サイトを作る前に大体でもカテゴリーの構成を考えておくと、サイトを作る上で捗ります。後からサイトマップを作ったり、記事を追加したりする際にも役立ちます。

カテゴリーは大カテゴリー、小カテゴリーの順番や1つのカテゴリーにどれくらい記事を入れるかなどを考えながら作りましょう。また、記事を書くたびにカテゴリーを考えて、カテゴリーを追加するのはよくありません。それではカテゴリーも雑多になっていまい、見にくくなります。

 

 

過去記事のメンテナンスを怠らない

大規模サイトの運営で大変なのが過去記事のメンテナンスです。

過去記事が100記事程度ならば問題ないでしょうが、200、300、1,000記事と増えてくると、過去記事のメンテナンスに手が回らなくなります。

しかし、それでは大規模サイトのメリットも薄れてしまいます。大規模なサイトやブログを運営する際は、新規記事を書くのと同じペースかそれ以上に過去記事の修正に時間を掛け、常にサイト内の全記事を最新の情報にし、クオリティを保つようにしましょう。

 

 

 

まとめ

テーマを絞り、適切に構造化することが大規模サイトを作る上でのキモです。

大規模サイトの場合、テーマの選定も構造化も小規模なサイトとは段違いに難しいです。ですから初心者にはあまりオススメしません。

ですが、SEOのトレンド等を見ていても、テーマを絞った専門的で内容の濃いサイトが売れるサイトになるようになってきていますから、大規模は求めないにしろ、テーマを絞りつつも記事はなるべく多くするように心がけることが今後は今まで以上に大切になってくるかもしれません。







Instagram