アフィリエイトで法人化する際の目安

アフィリエイトで法人化

アフィリエイトで報酬が増えると、規模の拡大や組織化、節税のために法人化するアフィリエイターも多くいます。

ここではアフィリエイトでどの程度成功したら法人化するのか? その基準について解説します。

 

アフィリエイトで法人化する際の目安は人それぞれ

アフィリエイトで法人化する際の目安はいろいろありますが、明確な基準はありません。その人の状況や税理士によっても回答が大きく異なります。

 

 

売り上げと法人化の目安

基本的に所得税と法人税の違いから、節税となるのが年収800万円くらいなので、早い方は年収800万円あたりから法人化を考えます。裏を返せば年収800万円くらいまでは特に法人化を考えなくて良いということですね。

アフィリエイター界隈を見ていると、月100万~150万円ほどの売り上げに達したら法人化を考える人が多いように見えます。しかし、アフィリエイトの収入は安定しないので月に100万円を超えたからといってすぐに法人化する人は少なく感じます。余裕を持って1ヶ月100万円以上の収入が数ヶ月続いたところで法人化したり、年収が1,500万円~2,000万円くらいになってから法人化する人が多い印象です。

とはいえ、アフィリエイトは状況次第で急に収入や売り上げが下がることもありますが、逆に急に何百万と収入がアップする場合もあるので慌てて法人化する方もちらほら見かけます。

 

 

法人化は余裕を持って

どちらにせよアフィリエイト事業での法人化は慌ててするものではありません。手続き等も面倒ですのでやたら考えたり慌てる必要もないと思います。

まずは月収100万円か年収1,000万円あたりが目安でしょう。その辺に自分の収入が到達したら考え始めると良いのではないでしょうか?

 

 

売り上げだけが法人化の目安ではない

わかりやすくここでは法人化の目安として売り上げをあげましたが、もちろん、法人化にあたってはそれ以外にも考慮すべき点が複数あります。

例えば節税一つとっても経費の幅が増えるので、自分の仕事にどの程度経費がかかっているか確認した方が良いでしょう。また社会的信用を得られるのも法人化の大きなメリットです。ライターさんや外注さん、企業とのコラボなど取引が多いアフィリエイターの方は法人化した方が信頼度があがり、取引が有利に進むかもしれません。

 

 

 

まとめ:法人化は総合的に考える

アフィリエイターの場合、法人化の大きなメリットは節税です。

節税のためだけに法人化するアフィリエイターも多くいると思います。しかし、法人化して得られるメリットは節税だけではありませんし、デメリットもあります。

ある程度の利益がアフィリエイトで稼げるようになったら法人化を考え、一度税理士などに相談してみましょう。

税理士の料金を安くしたい方はコチラ







Instagram