アフィリエイトで稼ぐためには「記事下」を意識しよう

CTAを整える

アフィリエイトで成果を出すためには記事下をしっかり整えることが大事です。

 

記事下の最適化

この記事下、専門的には「行動喚起」「CTA (コール・トゥ・アクション)」などと言います。

「記事下」は、読者のアクションを促す最高のスペースです。記事を読み終えたユーザーが次の行動をする際に、行動してほしいこと(アフィリエイト広告のクリックや、Twitterのフォローなど)への導線を設置しておくことでユーザーを誘導することができます。

分かりやすく言うと、文章の最後にアフィリエイトのリンクを貼る、記事下にSNSのシェアボタンを載せることで、記事を読みおわったユーザーが広告をクリックしたり、SNSでシェアをするということです。

 

 

記事下の重要性

多くの場合、このCTAがもっとも効果的なのが記事下です。

想像してみればわかると思いますが、例えば記事の一番上にアフィリエイトリンクがあってもなかなかクリックすることはないと思います。ですが、記事の最後なら、記事を読み終わって商品に興味が湧いていたら詳細を確認したり、注文するために広告をクリックする可能性が高いですよね?

記事の最初や途中にアフィリエイトリンクを貼るよりも、一番最後に「詳しくはこちら」「公式サイトはこちら」といった具合に誘導する方が圧倒的に効果が出やすいです。

 

 

具体的に何を設置すべきか

記事下には具体的に何を設置するべきか?

アフィリエイトサイトであればやはり広告が第一候補になるでしょう。上で述べたように、うまくアフィリエイトリンクに誘導するのが重要です。商品の紹介ページなら、記事の最後にアフィリエイトリンクを挟んでおけばそれで良いと思います。

商品の売り込みではないお役立ち記事であれば、関連記事へのリンクやSNSのシェアボタンがオススメです。他にもSNSのフォローボタンやGoogle AdSenseなどでも良いでしょう。

逆にコメント欄など、目的に合わない要素は徹底的に削りましょう。

 

 

 

まとめ

記事に合わせて、読者やユーザーをどこに誘導するかしっかり考え、記事下にCTAを設置しましょう。

それによってアフィリエイトの収益が大きく変わります。







Instagram