格安SIMとは?|メリット・デメリットを解説

格安SIM

データ通信量が非常に安く、スマフォの複数台持ちや節約をする上でとっても便利な格安SIMのメリットやデメリットを解説します。

 

格安SIMとは?

格安SIMとは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアより遙かに安い金額で提供している通信サービスのことです。

大手キャリアと契約すると、4,000円~6,000円。高いと1万円ほどすることも、珍しくない通信量ですが、格安SIMの場合、安いプランだと月額500円ほどで契約・通信することが可能なこともあります。

「格安で提供しているSIMだから格安SIM」です。わかりやすい(そのまんま)ですね。

 

 

格安SIMのメリット

格安SIMの一番のメリットは何と言っても名前の通り、月額の通信料が圧倒的に安いことです。

例えば「DMMモバイル」のデータ通信専用のSIMであれば、最安で月々なんと「440円」で使うことができます。

 

大手キャリアでは6,000円から、高いと1万円以上かかってしまうことも珍しくないスマフォの利用料が格安SIMにすれば、最安440円から使えてしまう訳です。

しかも、値段を下げても、大手キャリアより多くのデータ通信をすることが可能な場合が多いです。

この辺りは各格安SIMキャリアのプランにもよるのですが、多くの場合は毎月数千円単位の節約ができるので、スマフォやITに詳しい方や、節約に詳しい方を中心に利用者が増えています。

 

通話やSMSも、追加料金を払ったり、プランを変更することで使えるので、仕事や会員登録の関係で電話番号やSMSが必要という方でも問題ありません。

しかし、通話料は従量課金 (使ったら使ったぶんだけ払う)なので、基本的に電話を受けるだけなら良いですが、自分から電話をかけることが多い方は、下手すると、格安SIMを使った方が大手キャリアよりも値段が高くなってしまうかもしれません。

 

 

利用期間の制限が緩い

また、格安SIMは、データ通信専用なら解約手数料や大手キャリアで悪名高い2年縛りや3年縛りがないことが多いです。

そのため、使って見て良くなかったら気軽に解約し、他のキャリアに乗り換えられるのも大きな魅力です。

キャリアによっては公式サイトから手続きするだけで簡単に解約できるので便利です。

 

 

通信容量も多い!

以前の格安SIMは安い分、使える通信容量が大手キャリアよりも少ないものが多かったです。大手キャリアと同じだけの通信容量を使おうとすると、結局大手キャリアの値段と大して変わらないということもありました。

しかし、最近では格安SIMでも月に10GBや20GB使えるような大容量プランも珍しくありません。

有名どころだと、DMMモバイルが最大20GBの大容量プランを4,000円代で提供していますね。

 

 

 

格安SIMのデメリット

当たり前ですが、安いものは安いなりの理由があります。

格安SIMの安い理由でもある格安SIMのデメリットを紹介します。

 

初期設定を自分でしなければならない

docomoやSoftBankなどの契約をする場合、受付窓口の人が初期設定をしてくれますよね。

一方で、格安SIMは初期設定からトラブルの対応まで、基本的に全て自分で行わなくてはならないということです。

自分でSIMフリーのスマートフォンを用意し、格安SIMを差し込んで端末側の設定をしなければならないとがハードルですね。慣れればどうってことない単純な作業なんですけどね…

 

初期設定はちょっと面倒

格安SIMを各種スマートフォンで使うためには、端末にAPNというものを設定しなければなりません。

iPhoneの場合はAPN構成プロファイルをインストールするだけで済みますが、Androidの場合は設定画面でユーザー名やパスワードなどを手作業で入力する必要があります。

これらは少し面倒な作業ですが、説明を読みながらやれば難しい作業ではありません。しかし、上で解説した通り、困っても気軽に持ち込めるキャリアのショップなどはないことがほとんどなので、機械が苦手な方は事前に確認しておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

トラブルへのサポートが弱い

格安SIMのほとんどはドコモショップのような実店舗や窓口がないので、トラブルが起こっても、自分で解決しなければいけません。

中には楽天モバイルのようなショップがあるものもありますが…そのような格安SIMは多くないですし、楽天モバイルのショップにしても、docomoやSoftBankのように日本中どこでもあるわけではないので、基本的に頼りにはならないかと…

 

元々、スマートフォンやパソコンの扱いにある程度慣れていたり、慣れていなくても、わからないことはネットで自分で調べて解決できるという方ならば簡単なのですが、本当に機械が苦手な方にはオススメしにくいです。

 

 

速度が遅い

もう一つのデメリットは、大手通信会社よりも、通信の速度が下がることです。

格安SIMを運営する会社はdocomoやauなどの大手通信会社から電波を借り運営しています。

そのため、電波の質は良く、地方でもdocomoやauと同じ電波が入るのですが、通信速度は遅くなってしまう可能性があります。

 

とはいえ、状況は各種格安SIMによって変わるため、実際に使ってみないと速度がわからないのも事実です。

 

確かに昔の格安SIMは非常に速度が遅く、正直話にならないものも多かったです苦笑

ですので、格安SIM=速度が遅いというイメージが付いてしまっている方がいるのも頷けます。

ですが、最近ではLTEに対応した格安SIMがほとんどなので、格安SIM=速度が必ず遅いというわけではありません。

 

格安SIMの通信速度は時間帯などによっても大きく変わります。

大手キャリアと変わらない高速な通信ができることもあれば、キャリアが発表している通信速度より非常に遅く、速度チェックすらできないというクレームが発生することもあります。

 

このあたりは、事前にネットのレビューや口コミを確認し、評判のいい格安SIMを選部しかないですね。それでもエリアや期間によって変わるので確実ではないですが、ちゃんと調べておけば通信速度が遅くて失敗する恐れは大幅に減ります。

当サイトでも、使いやすい格安SIMをレビューしています。

 

 

キャリアのメールアドレスが使えない

SoftBankやauなどのキャリアのメールアドレスは当然ながら使えなくなります。

中にはmineoのように、無料のメールアドレスがもらえる格安SIMもありますが、そこまで多くはありません。

 

格安SIMを使う場合は今後、キャリアを変更する場合も考慮して、Gmailなどの無料メールアドレスを使うようにすると良いでしょう。

 

もっとも、現在の連絡はメールよりもFacebookやLINEの方が主流ですから大して問題ないかもしれませんけどね。

 

 

 

まとめ

格安SIMは言ってみれば料理の自炊と同じですね。

格安SIMには「安い」「縛りがない」という大きなメリットがある一方、最初の準備からトラブル時の対応まで、全部自分でやる必要があります。

確かに面倒な部分や難しい部分もあるかもしれませんが、これも料理と同様、大抵のことは自分でインターネットで調べるだけで解決できるものなので、通信量の節約に興味がある方は、思い切って乗り換えてみましょう!