デビットカードの仕組み|クレジットカードとの違いとは?

デビットカード

クレジットカードとは別に最近デビットカードという名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

今回は、最近注目されているこのデビットカードとクレジットカードの違いについて説明します。

 

デビットカードって何?

デビットカードとは支払いに使えるカードの一つです。

クレジットカードと比較すると、クレジットカードが後払いであるのに対し、デビットカードは代金が即時銀行口座から引き落とされる点が特徴です。

 

クレジットカードのショッピングの機能は、通常カード会社と契約して、カード会社により立て替え払いをしてもらい、期日までに指定の銀行にその資金を準備しておく、つまり一時的にお金を借りている(借金する事ができる)のがクレジットカードです。

 

一方で、デビットカードは銀行が発行・提携しているカードです。

デビットカードは銀行の預金口座と紐付けられており、デビットカードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされます。

そのためクレジットカードと違い、商品の購入時にその金額が充当されていること(口座の中にお金が入金されている事)が利用の条件となります。

このようにデビットカードの特徴としては、提携先が直接引き落とされる銀行などの金融機関であること、即決払いであること、利用限度額が口座残高であることなどがあります。

 

 

クレジットカードとの違い

クレジットカードとの違いを簡単にまとめると以下のようになります。

種類 クレジットカード デビットカード
年会費 カード次第 カード次第
支払い方法 一括払い、リボ払いなど多数 即時引き落とし
キャッシング カードによっては可能 不可
年齢制限 18歳以上が多い 15歳以上が多い
発行の審査 あり なし (審査があるカードもあり)

 

 

デビットカードのメリット、デメリット

これはどちらも一長一短です。

デビットカード良いところは、なんといっても利用限度額が口座にある金額だけです。使いすぎの心配や借金を作ってしまう心配がありません。

デビットカードの場合は、口座に資金がなければ決済ができないだけです。そのためデビットカードは発行に審査がないカードが多いです。

また、年齢制限も銀行口座を持っていれば15歳 (中学生を除く)から利用することができ、自己破産等をしていても発行できることが多いです。

さらに盗難保険やショッピング保険もついていています。

 

ここまで聞くとデビットカードなら使いすぎもなく、使用面でも銀行に資金さえ充当されていればクレジットカードと遜色がないと思われるかもしれません。

しかしデビットカードにはいくつか注意点があります。デビットカードは、使えない曜日や時間帯がある(日曜日19:00~0:00、月曜日 0:00~8:00など)、海外での使用ができない、インターネット決済に使えないなどの点があります。

そして銀行によっては銀行カードと別にもう1枚カードが必要になるなど、使用面ではやや不便な面があります。

 

 

クレジットカードならではのメリット

一方で、クレジットカードは一時的にお金を借りることになるので審査が必要になります。たいていは18歳以上(高校生除く)です。

クレジットカードのメリットはリボ払いや分割払い、ボーナス一括払いなどの便利な支払い方法を選ぶことができることです。

次のお給与日まで口座に資金が無くても、引き落とし日が給与日以降なら一括でも間に合うなどのメリットもあります。

 

 

 

まとめ

デビットカードは銀行からいちいちお金を引き出さずに使えるというメリットがあります。デビットカードは「銀行口座から即引き落としのクレジットカード」という印象が強いですね。

しかも、それでいてクレジットカードのように借金ではないので、安全性が高く、トラブルや使いすぎも起こりにくいです。

一方で、逆に言えば借金ができない(デビットカードを使う際に口座にお金を用意しておかなくてはならない)、クレジットカードほど種類やサポート、サービスがないなどデメリットもあります。

 

信頼があり、最低限の金融リテラシーがある方はクレジットカードを使うのが良さそうです。

デビットカードはクレジットカードの予備として使うのが良いでしょう。

 

また、海外に移住した時や退職した時など、信頼がなく、クレジットカードの審査に通りづらい時も重宝するかもしれません。

子供にクレジットカードを持たせたいけど高校生だから作れない、新卒だからまだ信頼や資産がないという場合はデビットカードも良い選択肢になるでしょう。




follow us in feedly