Android Payとは?|機能、概要、特徴まとめ

Android Pay

Androidスマートフォンの決済サービス「Android Pay」の概要や特徴を紹介します。

 

Android Payとは

Android Pay (アンドロイド・ペイ)は、GoogleがAndroid端末向けに提供する決済サービスです。

端末に専用アプリをインストールし、クレジットカードや電子マネーカード情報を登録することで、Androidスマートフォンで非接触決済機能などが使えるようになります。

 

 

Android Payの特徴

Android Payの特徴として、Googleアカウントに登録しているクレジットカードをそのまま電子マネーの残額チャージなど、支払い時に使用できるということが挙げられます。

Androidの公式アプリストア「Google Play」でアプリを購入、あるいはコンテンツを購入・レンタルしたことが一度でもあれば、その際に使ったクレジットカード情報で決済ができるので便利です。

 

 

日本国内での利用

日本国内で利用できる機能はまだ非常に限定されています。

2016年12月現在、Android Payでできることはキャリアなどが取り扱うFeliCa (フェリカ)対応端末に楽天Edyを登録し、非接触決済を利用できるということのみです。

要するに、Android PayはFeliCa端末で楽天Edy支払いが出来るだけということですね。

 

 

 

まとめ

「Android Pay」は名前の通り「Apple PayのAndroid版」という感じです。

日本ではまだ使えるシーンが少ないので、まだまだ魅力は少ないと思いますが、今後、機能や対応カードが増えたらApple Payの競合になるかもしれませんね。



follow us in feedly