アメックスのブラックカード「センチュリオン・カード」とは?

アメックス・ブラック

アメリカン・エキスプレス・カードの最上位に位置するブラックカード「センチュリオン・カード」について解説します。

 

センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードには基本的にグレード毎にグリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックの4種類があります。

その中で最も上位に位置するカードはもちろんブラックカード。アメリカン・エキスプレスのブラックカードは正式には「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」と言います。

アメックスが2002年に発行したクレジットカードで、世界で初めてのブラックカードであると言われています。

センチュリオンカードの会員にはそれぞれ専属のコンシェルジェが付き、電話でなんでもサポートしてくれます。

 

 

センチュリオン・カードの特徴

  • アメックスからのインビテーション(招待)がなければ所有できない。
  • インビテーションの条件は明かされていない。そもそも公式では存在すらほとんど明かされていない。
  • 年会費は35万円+税
  • サブカードとしてチタン製のカードを作ってくれる。
  • チタン製カードの初年度年会費は91万8000円。
  • 限度額は会員ごとに決められており、無制限ということはない。

 

 

ブラックカードの名前の由来

アメックスのブラックカードの名前である「センチュリオン」とはアメックスのカードの額面に描かれている兵士(百人隊長)のことです。

そして、このアメックスのセンチュリオンカードの色がブラックだったため、アメックス、およびクレジットカードの中の最上位のカードを「ブラックカード」というようになりました。

 

 

専属コンシェルジュ

「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の特徴・特典としてよく言及されるのが専属のコンシェルジュサービスです。

アメックス自体は公にしておらず、あくまでホルダー(保有者)の発言でしかありませんが、

  • アイドルのコンサートチケット取っておいて
  • ハワイに行きたいから旅行プランを立ててチケットを取って
  • 友達が誕生日だから花束を贈っておいて
  • 体調が悪いから病院を手配して

などといった要望を聞いてくれるそうです。基本的にその料金はホルダー(所有者)が負担しますが、ある程度までは年会費の間でこなしてくれるそうです。

 

 

 

まとめ

そのブランドとステータスから憧れる人も多いアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード。

しかし、コンシェルジュサービス自体は(グレードは下がりますが)、1つ下のランクである「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」にもついており、保険など様々な特典を考えてもプラチナで十分だと語るホルダーもいます。

プラチナでは止まらず、センチュリオン・カードを持つのはステータスやブランドによるところが大きいようです。

 

ちなみに「ロリポップ!レンタルサーバー」を創業したIT起業家の家入一真さんは以前、所有していたそうです。

以下の本にアメックス・センチュリオンを所有していた際の体験が、一節ではありますが書かれています。