アメックスのブラックカード「センチュリオン・カード」の特徴や噂

アメックス・ブラック

アメリカン・エキスプレス・カードの最上位に位置するブラックカード「センチュリオン・カード」の特徴や噂について解説します。

 

センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードには基本的にグレード毎にグリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックの4種類があります。

その中で最も上位に位置するカードはもちろんブラックカード。アメリカン・エキスプレスのブラックカードは正式には「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」と言います。

 

アメックスが2002年に発行したクレジットカードで、世界で初めてのブラックカードであると言われています。

センチュリオンカードの会員にはそれぞれ専属のコンシェルジェが付き、電話でなんでもサポートしてくれます。

 

富裕層向けのサービスが多く、以下のような特徴、サービス、保険などがあります。

  • プライオリティパスの会員資格が取得できる(VIP専用ルームが利用できる)
  • カード決済以外の家電の故障を50%〜100%補償
  • 急な理由で海外に行けなくなった場合の費用を年10万円まで補償
  • ハイアットなど、ハイグレードホテルの宿泊が年一回無料
  • 世界の宿泊施設やレストランでVIP待遇が受けられる

 

具体的な特徴や年会費などについてはこちら。

 

 

センチュリオン・カードの特徴

  • アメックスからのインビテーション(招待)がなければ所有できない。
  • インビテーションの条件は明かされていない。そもそも公式では存在すらほとんど明かされていない。
  • 年会費は35万円+税
  • サブカードとしてチタン製のカードを作ってくれる。
  • チタン製カードの初年度年会費は91万8000円。
  • 限度額は会員ごとに決められており、無制限ということはない。

 

 

ブラックカードの名前の由来

アメックスのブラックカードの名前である「センチュリオン」とはアメックスのカードの額面に描かれている兵士(百人隊長)のことです。

そして、このアメックスのセンチュリオンカードの色がブラックだったため、アメックス、およびクレジットカードの中の最上位のカードを「ブラックカード」というようになりました。

 

 

 

アメックス・ブラックカードにまつわる噂

センチュリオン・カードは公式サイトなどに詳しい情報がなく、入会する手段も招待制のため、様々な憶測や噂が流れています。

ここではその噂について検証、紹介します。

 

 

限度額が無い

よく言われるのがアメックスのカードには限度額がないという点です。

しかし、実際には各カード会員ごとに限度額は設定されています。そのため、むしろステータスが低い人のカードはその辺のカードより限度額が低いということが多々有ります。

さすがにセンチュリオン・カード保有者の限度額がその辺のカードより低いとは思えませんが、お金持ちと超お金持ちでは限度額が大きく違うでしょう。

 

 

船を買うためのカード

センチュリオン・カードはヨットやクルーザーなどの船を買うためのカードという噂です。

確かにアメックスで船を買うことはできますが、ガセです。

特に購入する商品に制限があるわけではないので、船を買う際に、その店がカード払いに対応していれば購入できるというだけの話で、アメックス・センチュリオンが特別、船専用カードという訳ではありません。

 

 

高級車/飛行機を買うためのカード

船と同様、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは「高級車を買うためのカード」「飛行機を買うためのカード」といった噂もあります。

これも実際には特にそれ専用のカードということはなく、自動車の購入や飛行機の購入にクレジットカード(アメックス)払いに対応していれば購入できます。

 

 

家が購入できる

こちらも船や車、飛行機と同じです。家の販売業者がカード払いに対応していれば購入できます。

アメックスに限りません。どんなカードでも同じくカード払いに対応していれば買えます(もちろん限度額の問題はありますが)。

ちなみに、日本ではあまりメジャーではありませんが、海外では家賃や学費をクレジットカードで支払うのは普通です。

 

 

戦車が買える

これは「限度額がない」という噂と「センチュリオン・カード」という名前から生まれた噂です。

「センチュリオン」とは多くのアメリカン・エキスプレス・カードの表面に描かれているあの兵士のことです(あの兵士はローマ軍団の「百人隊長」で、いわば指揮官)。

そして、イギリスにはこの兵士にちなみ、「センチュリオン」という戦車があります。

そのため、「限度額がない」+「カード名が戦車の意」=「戦車が買えるカード」という噂ができたと言われています。

実際のところは先述の例と同様に、戦車がカード払い可で売られていたら購入できます。

 

 

センチュリオン・カードより上位のチタンカードがある

センチュリオン・カード保有者は、希望すればプラスチック製ではなくチタン製のカードを追加で年会費を払うことで発行してもらえます。

要はセンチュリオン・カードをチタン製で作ってもらえるというだけの話で、センチュリオン・カードの上位カードというわけではありません。

 

 

センチュリオン・カードより上位のホワイトカードがある

ありません。

 

 

センチュリオン・カードより上位のクリスタルカードがある

ありません。

 

 

あの芸能人/有名人はセンチュリオン・カードを持っている?

芸能人や有名人の中にはセンチュリオン・カードを持っていると噂されている方もいます。

日本の芸能人では、西川貴教氏、みのもんた氏、浜田雅功氏、つんく氏などがアメックスのセンチュリオン・カードを持っているようです。また、歌手のGACKT氏はブラックカードを所有しているようですが、アメックスではないようです。

他、有名人では堀江貴文氏や家入一真氏が所有していたそうですが、堀江氏は収監時、家入氏は支払いが出来なくなりカードを剥奪されたようです。

 

もっとも、この芸能人、有名人の情報に関しては噂も多いです。あくまでエンタメネタ程度に受け止めましょう。

ちなみに家入一真氏の情報に関しては本人が以下の著書で語っているので確実と言えるでしょう。

 

また、世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏はインビテーションが来たため取得したが、年会費が高かったので1年で解約したとインタビューにて発言しました(最初の一年は年会費無料だった模様)。

 

 

FBI、CIA専用のカードがある

アメリカ等の諜報機関のエージェントやスパイは偽名でかつ引き落とし先が政府機関の専用カードが発行されていると言われています。

エージェントやスパイが身元が判明しないように工夫されたクレジットカードを所持しているというのは有名な話ですが、それがセンチュリオン・カードである、アメリカン・エキスプレス・カードであるという情報はありません。

 

 

 

まとめ

そのブランドとステータスから憧れる人も多いアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード。

しかし、コンシェルジュサービス自体は(グレードは下がりますが)、1つ下のランクである「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」にもついており、保険など様々な特典を考えてもプラチナで十分だと語るホルダーもいます。

プラチナでは止まらず、センチュリオン・カードを持つのはステータスやブランドによるところが大きいようです。