年賀状で新年の挨拶を「A Happy New Year」と記載するのは誤り?

英語の新年の挨拶

年賀状で特によく使われる英語の新年のあいさつは以下の2種類をよくみかけます。

「Happy New Year」と「A Happy New Year」、どちらが正しい表現なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

状況別、英語の新年の挨拶

「Happy New Year」と「A Happy New Year」はどちらが正しくて、どちらが間違えていると言うことはありません。

実は「Happy New Year」の頭に「A」をつけるかつけないかは使う状況によって変わります。

ケースバイケースということですね。ですから、新年の挨拶に関しては使い場所に応じて文を変える必要があります。

 

 

あいさつ表現には「A」は不要

年末年始のあいさつに用いられる「Happy New Year」には不定冠詞「A 」は不要です。

「Good morning」や「 Happy Birthday」と同じですね。

 

 

口頭で述べる場合も不要

口頭で挨拶する場合も「A」は不要です。

 

 

文章であれば必要

文章として表現する場合は冠詞「A」が必要です。冠詞がないと文法的に誤りのある文章になってしまいます。

 

 

年賀状に書く際正しいのは?

日本人が「A Happy New Year」と使う場面はやはり年賀状が多いと思います。

年賀状では多くの場合、英文を書くことはなく、「Happy New Year」単体で使うことがあると思います。

ですから、年賀状では頭の「A」は不要ですが。

 

 

そこまで神経質になる必要はない?

英語は英語圏の人に限らず、世界中で使われている言語です。

現に日本人も英語で「Happy new year」と使いますよね。

 

多くの人間が使うことで英語は良くも悪くもシンプルになり、複雑な文法もなくなっています。また挨拶は友達同士など、カジュアルな間柄でも使うのでそこまで文法が重視されません。

実際、「Happy Birthday」や「 Good morning」といったフレーズは冠詞の有無など関係なく使われていますね。

 

ですから、「Happy new year」の文法的正しさも、そこまで神経質になる必要はないと思います。

もちろん正しい文法を知っているにこしたことはありませんが、(英語圏の人を含め)相手が正しい文法を理解しているとも限りませんしね…

 

 

 

まとめ

  • 挨拶として使うのならば「A」は不要
  • 文章で使うのならば「A」は必要

英語で挨拶をしたり、手紙を書く際は思い出してみてくださいね。