質の高い睡眠をとるために覚えておきたいルール

睡眠のルール

質の高い睡眠をとるために大切なことをまとめた「10-3-2-1ルール」を紹介します。

 

睡眠の「10-3-2-1ルール」

生活術について書かれた堀氏による著書「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」では質の良い睡眠を確保するための方法としてクレイグ・バランタイン氏がブログ「Early to Rise」で解説している「10-3-2-1ルール」を紹介しています。

 

これは就寝時間を基準にして、

・ 10時間前にはカフェインを控えるようにする

・ 3時間前には食事も控える

・ 2時間前には仕事をするなどの緊張感を高める作業を止める

・ 1時間前には液晶スクリーンを見るのをやめる

というものです。

 

これらの時間が設定されているのにはもちろん理由があります。

10時間前からカフェインを減らすのは、体内でカフェインが分解されるのに通常6~9時間の時間がかかるためです。

3時間前に食事を辞めるのは、消化によって睡眠が阻害されるのを防ぐためです。

2時間前に仕事をやめるのは緊張感を解くためで、1時間前に液晶スクリーンを見るのをやめるのは、ブルーライト(スクリーンの強い光)の影響を避けるためです。

 

何かと忙しい現代人はとにかく睡眠が足りていません。

理想の睡眠時間は人によって様々ですが、少し多めの睡眠をとるつもりで余裕のある睡眠習慣を作ることが大切です。

 

 

 

睡眠はとにかく大切

「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」の著者である堀氏は「睡眠こそ、人生を変える小さな習慣のなかで最も重要なものだと言っても過言ではない」と言います。

毎日の睡眠を無理して減らせば、確かにその分使える時間は増えるかもしれません。

しかし、その時間、無理せず眠ることで、睡眠を削って得られる時間の倍にも相当する能率で仕事や勉強が捗るということです。

 

睡眠は人間が生きて行く上でとても大切です。

高い生産性を発揮するためには必要不可欠。「眠る」というのは生活を豊かにするライフハックの基本中の基本です。

 

 

関連する記事